いつでも元気な「ひまわり」を楽しむ



こんにちは(,,•◡•,,)
四つ葉のくまさんことよつくまです🌻
本日もよろしくお願いいたします。


元気な印象のある「ひまわり」は、
アーティフィシャルフラワーでも人気です。


数種類が展開中ですが、
ダブルで「ひまわり」を用いた新作のご紹介です。


5422

どの季節でも「ひまわり」を楽しみましょう
(元気な黄色が届いた日から楽しめる)

◆写真クリックでギャラリーへ入れます



アーティフィシャルフラワーの特性…「枯れない」を活かす


「ひまわり」

は暑い季節の代表的なお花です。


その元気な姿からファンも多くおりますが、
季節限定の楽しみでもあります。


1075

画像はイメージ いつかの「ひまわり」
(まさに「サンフラワー」です)



アーティフィシャルフラワーは、

・枯れない
・美しさを保つ
・手入れが不要

でる造花の一種です。


「ひまわり」も例外ではありません。


4785

画像はアーティフィシャルフラワー 
(近年ではかなりリアルになっています)



「ひまわり」を一年中飾りたいという方も多いです。


「ひまわり」作品の半分ほどが、
夏以外の季節に売れた事も、実体験として感じています。

アーティフィシャルフラワーとはいえ、
入荷には季節があります。

基本的には季節限定の作品です。


※記事掲載時に完売の際はご容赦下さい



ダブルの「ひまわり」を羽のチャームと楽しむ


こちらはシリーズのない単品作品です。

つまりこの作品はこの一つだけになります。

前回も比較的早めに完売となった作品です。
新作として3度目の再販です。


5465

琥珀色つや消しガラス瓶 ひまわり 二輪のアレンジ 羽チャーム付き です
(やや小ぶりな二輪の「ひまわり」です)



前作のデザインを踏襲して、
相性のよい「ラベンダー」などと合わせています。

つや消し琥珀色の「ガラス瓶」と好相性です。

「ガラス瓶」はコンパクトなので、
置き場所を選ばずに飾ることが出来ます。


5470

画像は「ガラス瓶」正面の接写です
(羽のチャーム付き)



花瓶となる「ガラス瓶」は、
落ち着きのあるつや消しのブラウンです。

ナチュラル感のある紐で「羽のチャーム」を括り付けています。


おしゃれな印象のある「ガラス瓶」で、
通年使えるシックな色合いです。


5467

画像はお花の接写です
(二輪の「ひまわり」と蕾が一つ隠れています)



「ひまわり」は固着しておらず、
「ガラス瓶」から取り外すことが出来ます。


季節ごとに他のアーティフィシャルフラワーなどに変更して楽しめます。


5474

画像はテーブルなどに飾ったイメージ
(マグカップは大きさの参考に)



サイズも大きすぎず、小さすぎず。

コンパクトサイズであるものの、
存在感のある二輪の「ひまわり」が、
いつでも元気に迎えてくれます。


卓上に置いても邪魔になりません。

水も不要で美しさを保ちます。


持ち運びも簡単で一つあっても困らない作品となっています。



大きめの「ひまわり」をアンティーク風に楽しむ


背が高めの「ガラス瓶」を、
特殊な塗料でアンティーク風に加工処理しました。

やや大きめの「ひまわり」を挿したアレンジに仕上げています。


5329

琥珀色 アンティーク ガラス瓶 大輪 ひまわりアレンジ です
(正統派の「ひまわり」アレンジです)



アーティフィシャルフラワーにも格はあります。

もちろんお値段に比例するのですが、
安いものほど花びらの数が少なかったり、
プラスティック感が強かったりします。


あまりに豪華なお花を用いると、
それだけで売価がとんでもないことになります。

高品質かつある程度の価格帯に抑えることが大切です。


5331

画像はお花の接写になります
(二重の花びらにリアル感のあるお花)



お花はもちろん合わせるフェイクグリーンや、
サブフラワーも相性のよいものを考えて組んでいます。

くすみカラーの花材は「ひまわり」の存在感をUPします。


一年中使えるように色合いも工夫して作成しています。


5335

画像は「ガラス瓶」のデザインです
(アンティーク風手塗り加工のガラス瓶)



アンティーク感のあるラベルを用いて、
おしゃれな印象に仕上げた「ガラス瓶」です。

花瓶口には、
「四つ葉のクローバーのチャーム」を括り付けています。


やや背が高めの「ガラス瓶」に、
大きめの「ひまわり」で非常に存在感があります。


こちらもあえて固着していません。


「ガラス瓶」がおしゃれなので、
季節によりたっぷりのフェイクグリーンなどに変えて楽しむことも出来ます。



光に映える「ガラス瓶」と「ひまわり」


「ガラス瓶」の良さは、

光の入り具合で表情が変わることです。


ka-tenhikari

画像はイメージ フリー画像です
(レースカーテン越しに楽しみましょう)



レース越しの光や間接照明の明かりなど、
異なるシチュエーションでお楽しみ下さい。

※直射日光はアーティフィシャルフラワーの寿命を早めます



どれも一点ものです。

季節限定品につき早めにご検討下さい。



お時間ある時にご覧くださいませ(。ᵕᴗᵕ。)ஐ


ショップはこちら⇩

https://minne.com/@yotsukuma



詳細は写真にリンクを貼りましたのでそちらをクリックしてください🧸
全体のご様子や詳細がご覧いただけます。

※ブログアップ時に完売…又は作品が変更されている場合があります。




どうかご縁がございますように…




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


X(ツイッター)のんびり更新中です