もうあさりの「ジャリッ」はしたくない 初心者必見!



こんにちは(´∀`)
四つ葉のくまさんことよつくまです🐚
本日もよろしくお願いいたします。


【「あさりは砂抜きしておく」って書いてあるけど「砂抜き」って?】


「あさり」など普段は砂の中に潜って生活している貝類。
そのまま食べようとすると…ジャリッとしてしまうことも。


今さら聞けないそんな事を勉強していきましょう


第28回 
「あさりの砂抜き」これでOK です。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(お味噌汁にバター焼き…パスタにも)



本日の超基本 そもそも「砂抜き」とは?


「あさり」などの貝類は、海岸の砂浜に生息しています。

つまり「砂の中」で生活をしているわけです。


asari2

画像はイメージ フリー画像です
(2つの口のような器官が「水管」)


「あさり」は「砂の中」で、
「水管」という口のような器官からプランクトンなどを摂取して生きています。

潮干狩りなどで取った「あさり」ももちろん同じです。

そのままの状態では、海水と一緒に吸い込んだ不純物が混じっているのです。


asari1

画像はイメージ フリー画像です
(「潮干狩り」では砂を掘り起こす)


主に砂になりますが、
食べた時に「ジャリッ」という感覚…味わいたくないものです。


これを防ぐために、

「あさりに砂を吐き出させる」調理工程の一つ。

これが「砂抜き」です。


「あさり」以外にも、

「しじみ」、「はまぐり」といった貝類は「砂抜き」が必要です。



海水と同じ濃度の塩水を作る


「あさり」に砂を吐かせる為に準備するのは、
海水と同じ濃度の塩水です。

つまり生活している環境と同じ塩分濃度にすることで、
「あさり」の呼吸を促します。


kaisui

画像はイメージ フリー画像です
(海水の塩分濃度って?)


しかしそのようなことを言われてもよくわからないと思います。

ここは簡単に作れる方法を記載しますので、
覚えるなりメモをするなりしておきましょう。



【海水と近い塩分濃度の塩水】


・計量カップで500ml計る
・大さじ一杯(15g)の塩を混ぜる


【15÷500=0.03】

つまり塩分濃度3%が海水に近い塩水になります。



「あさり砂抜き」の手順


【あさりの砂抜き】


・「あさり」を貝ごとこすり洗いする
・ザルとボウルを重ねてその中に「あさり」を入れる
・海水と同じ塩分濃度の塩水を入れる(量はひたひたになるまで)
・アルミホイルで蓋をする
・約一時間ほど置く
・時間がたったら水を切りザルのまま30分置く


asarinosunanuki

画像はイメージ フリー画像です
(ザルとボウルを重ねて使うのがポイント)


ザルとボウルを重ねて使うのは理由があります。

・吐き出した砂がボウルに落ちるので確認出来る
・砂がボウルに落ちるので再度吸う事を防ぐ


アルミホイルで蓋をするのは普段砂の中にいる「あさり」の生活環境に近づける為です。
「砂の中」は暗いので、その方が活発に呼吸をします。


海水の量が多すぎると、酸欠で「あさり」が死んでしまう事があります。
水の量は「ひたひた」を守りましょう。


「ひたひた」がわからない方はこちらを⇩

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(頭が少しはみ出るくらいが「ひたひた」)



一般的に「あさり」は20度前後で活発に活動をします。
あまりに部屋が暑い場合は、適宜冷蔵庫を使用します。

また通常1時間程度で充分ですが、
「潮干狩り」などで入手したものは多くの砂を飲み込んでいる場合が多いです。
半日は置いておくと安心です。


siohigari

画像はイメージ フリー画像です
(家族で楽しめる「潮干狩り」のイメージ)


「砂抜き」の方法は一つではありません。
まずはこの方法を試して、最終的にはご自身にあったやり方を工夫してみて下さい。



本日のお料理上手ポイント お料理は意外にも科学


「あさりの砂抜き」は環境をあさりの生活環境に近づける事です。

きちんとした手順を踏めば失敗なく、あの嫌な感覚を味合うこともありません。
お料理は手間をかける事をためらってはいけません。

そして料理は意外と科学なのです。


sunanukihuyouasari

画像はイメージ フリー画像です
(「砂抜き処理済み」の市販イメージ)


工程が面倒であったり、時間がない方のために…

現在では技術が進歩していますので、

パッケージなどに、

「砂抜き済み」
「砂抜き不要」

と書いてあるものも市販されています。


時短にも繋がりますので、
こういった物を利用することも一つの方法です。



「潮干狩り」のお裾分けなどで頂戴した、
「あさり」を美味しく頂くために覚えておきましょう。



第28回はこの辺で(๑'ᴗ'๑)

また一緒に勉強していきましょう。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です