お料理上手は砂糖の使い分け上手 初心者必見!


こんにちは(・◇・)ゞ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


【「お砂糖」とあったらどの砂糖を使うのかしら?】


レシピではお砂糖という表記が多いです。
その場合どの砂糖を用いたら良いのでしょう?


今さら聞けないそんな事を勉強していきましょう


第23回 
「お砂糖の種類を知る」です。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(お砂糖にも種類があります)


※なおこの記事は「お料理初心者」向けに記述されています



本日の超基本 お砂糖は3種類


お料理の「さしすせそ」の最初の一つが「砂糖」です。
お砂糖には種類があって、
レシピに砂糖の種類の記載が無い時もあります。

お砂糖を使い分け出来ればお料理上手が近づきます。



【お砂糖の種類を知る】


大きく分けるとお砂糖は3種類になります。

◆白いお砂糖系  ⇒ 上白糖、グラニュー糖
◆茶色いお砂糖系 ⇒ 三温糖、中ザラメ糖
(カラメル化)
◆茶色いお砂糖系 ⇒ 黒糖、きび糖、てんさい糖 etc…
(ミネラル含む) 


jouhakutou

画像はイメージ フリー画像です
(基本となる上白糖)


白いお砂糖系はミネラル分などを精製で取り除きます。
もともと砂糖の結晶は透明なので、光が当たると白く見えるのです。


茶色いお砂糖系の中で、

・三温糖
・中ザラメ糖

などは一度精製した砂糖を「カラメル化」しています。


【カラメル化】

砂糖を焦がすと茶色くなる。
プリンなどに用いるカラメルソースと原理は同じです。

tyuuzarame

画像はイメージ フリー画像です
(中ザラメ糖は粒も大きめ)


茶色いお砂糖系の中で、

・黒糖
・てんさい糖
・きび糖

などは原材料のミネラル分を精製していません。
お米で言う「玄米」と思って下さい。


kokutou

画像はイメージ フリー画像です
(沖縄といったら黒糖)



上手に使い分けてワンランクアップ


【主な砂糖の使い分け】


「上白糖」

最もスタンダードなお砂糖です。
レシピに砂糖とあったら基本こちらを使用すればOKです。

オールマイティーで特にこだわりがなければ、
これ一つ揃えておけば大丈夫です。
いわゆる基本の砂糖です。


jouhakutou1

画像はイメージ フリー画像です
(基本は何でも作れる上白糖)



「グラニュー糖」

世界ではこちらのほうが使われているお砂糖です。

「上白糖」に比べてサラッとしているのが特徴です。

例えばコーヒーや紅茶のスティックシュガーなどはこちらです。

sutikkushuga

画像はイメージ フリー画像です
(スティックシュガーの中身はグラニュー糖です)


クセがなくスッキリしているので、お菓子作りに欠かせません。
お菓子のレシピには「グラニュー糖」表記が多いです。

同じ分量を使用した場合、
「グラニュー糖」の方がさっぱり仕上がります。

guranyutou

画像はイメージ フリー画像です
(上白糖よりやや粒が見えるグラニュー糖)



「三温糖」

少し茶色いお砂糖です。
「カラメル化」をしている為に、少し香ばしい匂いがします。

「上白糖」に比べるとコクと香ばしさで優れています。

おすすめのお料理は煮物や照焼などです。
香ばしさとコクがプラスされて美味しく仕上がります。


sanontou

画像はイメージ フリー画像です
(三温糖はコクをプラスしたい時に)



「黒糖やきび糖」

こちらは茶色又は黒いお砂糖です。
沖縄でおなじみの調味料です。
サトウキビのミネラル分を豊富に含むため、栄養価が高いです。

「きび糖」は「黒糖」ほど黒くなく茶色をしていますが、
ミネラル分は豊富に含んでいます。


kibizatou

画像はイメージ フリー画像です
(ミネラル豊富なきび糖)



これらのお砂糖は独特の風味を持つため、好き嫌いが別れます。

多少クセもあるので、指定がなければなくても大丈夫です。

「豚角煮の黒糖風味」

のようにあえて味付けとして使用することがあります。


お砂糖はまだまだ種類があります。
しかしながらまずはこの3種類を覚えておきましょう。



本日のお料理上手ポイント レシピの砂糖は基本上白糖


レシピにただお砂糖と書いてあったら…
基本的には上白糖を指す。

普通に料理をする上では「上白糖」で充分事が足ります。

少し慣れてきたら、

スッキリ味でくせのない ⇒グラニュー糖
煮物などにコクのある  ⇒三温糖

と使い分けていけばぐんと腕前が上がります。


buriteri


画像はイメージ フリー画像です
(照り焼きや煮物のコク出しに三温糖)



【お菓子作りの場合】

指定がなくても「グラニュー糖」を使用したほうが美味しく仕上がると思います。

生クリームのホイップに「上白糖」と「グラニュー糖」
両方で作ってみるとよくわかります。
「グラニュー糖」のほうがさっぱりと上品に仕上がるはずです。

お菓子作り ⇒ グラニュー糖 

と覚えてしまいましょう。

okasizukuri

画像はイメージ フリー画像です
(基本お菓子作りはグラニュー糖でOK)




第23回はこの辺で(๑'ᴗ'๑)

また一緒に勉強していきましょう。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です