草花・自然 : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

カテゴリ:生活・暮らし > 草花・自然



ピーマンは海の恵み?


こんにちは(・∀・)つ
四つ葉のくまさんことよつくまです🌊
本日もよろしくお願いいたします。


花言葉は知っているとちょっと豊かになる。
使い分ける事ができる人になりたいものです。


中には少し変わった花言葉を持つものも…


今回は
「ピーマン」をお届けします。

piman1

画像はイメージ フリー画像です
(炒めものの彩りに)



実はお花もかわいい唐辛子の仲間


◆ピーマンとは

原産地 中南アメリカ
分類  ナス科 トウガラシ属
別名  西洋唐辛子

piman2

画像はイメージ フリー画像です
(白く可憐なお花を咲かせます)


ピーマンは6月から9月くらいにお花が咲きます。

花色は白、お花もかわいいので自家栽培などした際は、
是非見てみましょう。

別名が示すとおり唐辛子の仲間です。



畑で取れるピーマンが「海の恵み」?


◆ちょっと変わった花言葉

「海の恵み」

uminomegumi

画像はイメージ フリー画像です
(母なる海のイメージ)


畑で採れるピーマンですが、
海の要素は一体どこから…

どうしてこういう花言葉がついたのでしょうか?



赤いピーマンは「楽園の珊瑚」


◆その由来(諸説あり)


私達の頂いているピーマンですが、これは完熟する前の状態です。
完熟すると真っ赤になり甘みが増します。

たまに「赤ピーマン」などという名前で店頭に並ぶこともあります。

akapiman

画像はイメージ フリー画像です
(パプリカとは別物です)


完熟したピーマンは日持ちがしないため、
あまり店頭に並ばない事が多いです。


フランスではこの赤いピーマン(唐辛子全般)の事を…

「楽園の珊瑚」

と呼ぶのだそうです。

真っ赤に色づいたピーマンを珊瑚と呼んでいることから、
花言葉「海の恵み」へとつながったという説が有力です。


またもう一つの説があります。

ピーマンはコロンブスが持ち帰り、
ヨーロッパにもたらした作物であるからという説です。

koronbusu

画像はイメージ フリー画像です
(様々な物をもたらした大航海)


今までヨーロッパになかった作物が海からもたらされたということから、

「海の恵み」

となったというものです。


そのどちらも合わせての花言葉と言えなくも無いです。



パプリカにも花言葉がある


◆ちなみにパプリカは?


パプリカも唐辛子の仲間であり、ピーマンとは本来差はありませんが。
面白いことに花言葉は別のものがついていますのでご紹介します。

「同情」
「君を忘れない」

海外ではピーマンもパプリカも区別が無いはずなのですが…
不思議なことに花言葉は別に存在します。

papurika

画像はイメージ フリー画像です
(パプリカは苦味がなく肉厚)


一節では苦味の強いピーマンは子供が大嫌いな野菜の一つ。
それと姿形がそっくりのパプリカは、苦味もなく甘いです。

しかし子供にとっては姿形は大嫌いなピーマンそのものです。
苦いピーマンを食べさせられる子供の姿。

そういった事情が「同情」という花言葉を産んだのではという説があります。
(※諸説ある不確かな情報です)


「君を忘れない」

は2020年にヒットした米津玄師の楽曲「パプリカ」の中で、
PVに意味ありげに描かれています。

papurikafforin

画像はイメージ フリー画像です
(大活躍したFoorin 明日に種をまこう)


詳しくは割愛しますが、
「仲良しであったあなたに会いたい」という意味を込めて「パプリカ」だと言われているのです。

その花言葉の起源については曖昧です。



花言葉はその姿形特性だけでなく、
意外な所から付けられることもあるのです。

そして時代の流れとともに変化する場合もあります。


例えば青いバラの花言葉、

「不可能」 ⇒ 「夢叶う」

となったのがいい例でしょう。



「花言葉」

いささか古めかしいですが、
知っていると豊かになる素敵なたしなみです。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です






ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ



ツイッターのんびり更新中です






  



ウェディングやインテリア…拡がる活用


こんにちは (´▽`)
四つ葉のくまさんことよつくまです💐
本日もよろしくお願い致します。


ウェディングでも人気が高い、

「ネイティブフラワー」

をご存知ですか?


近年個性が求められています。
その魅力的な姿形…どのような活用がされているのでしょう。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(ピンクッションをメインとしたブーケ)



ウェディングでも人気


ウェディング市場のブーケは、

「純白」

のイメージで作られていたのは昔の話

junnpakubuke

画像はイメージ フリー画像です
(純白のブーケのイメージ)


今では…

・花嫁が好きな花種をセレクトする
・多少花言葉が難でも気にしない
・個性を重視する

このような時代になっています。


そんな時代で脚光を浴びたのがネイティブフラワーです。

neithibuhurawa8

画像はイメージ フリー画像です
(プロテアと南国の植物の個性派ブーケ)


オータムウェディングで人気が出始めたという、

「ネイティブフラワーブーケ」

ニュアンスカラーの色合いも素敵です。

neithibuhurawa9

画像はイメージ フリー画像です
(落ち着いた色合いが光る個性派ブーケ)


コロナ禍に入り、

「多くの人を呼ぶ形式的な結婚式」
  ⇩
「二人だけの個性的な結婚式」

に変わってきているのも要因かもしれません。



特別な思い出を持ち帰れる


ネイティブフラワーならではの大きな特徴があります。

そのままドライフラワーとしてスワッグにすることができるのです。

neithibubuke

画像はイメージ フリー画像です
(束ねたブーケを逆さに吊るして…)


ブーケを持ち帰ってそのまま飾ることができる。
これは嬉しいと思います。


まさに特別な思い出のお持ち帰りです。



スワッグからドライスワッグへ…インテリアとして


もともと流行する以前から、
少ないながらも流通されてきたネイティブフラワー。

やはり大きな転機となったのは、

スワッグの流行です。

neithibusuwagu

画像はイメージ フリー画像です
(ネイティブフラワーを用いたスワッグの例)


ネイティブフラワーの特徴として、
生花状態とドライ状態の差異が少ないことがあげられます。

美しい状態のままでドライフラワーになるネイティブフラワーは、
おしゃれなインテリアとして地位を得て、
様々な本などで紹介され拡がっていったのです。

neithibuhurawa10

画像はイメージ フリー画像です
(オーストラリア原産のクラスペディア)



日持ちするネイティブフラワー


生花店の方が言うには、

「できれば生花状態も質感の違いを楽しんで欲しい」

とのこと…

neithibuseika

画像はイメージ フリー画像です
(生花を入手できるお店の一例)


基本的な使い方は切り花と一緒です。

そして何よりも花持ちがいいという特徴があります。

短いものでも1ヶ月位は平気だそうです。
保存状態がよく3ヶ月も美しさを保つケースもあるとか…

輸入の関係もあり、
お値段的には少し高めの物もありますが…

その花持ちを考えたら安くなるのかもしれません。

そのままドライフラワーとして長く楽しめる事も加味しておきます。



暑さに強い!でも気をつけて…


ネイティブフラワーは南半球の過酷な環境のもとで育った花です。

つまり暑さに非常に強いのです。

kakokunakannkyou

画像はイメージ フリー画像です
(南アフリカの過酷な環境)


ところが一つ注意点があります。

高温多湿で熱帯化が進む日本。

ネイティブラワーはその環境から湿気には弱いのです。

musiatui

画像はイメージ フリー画像です
(カラッとした暑さには強いが…)


ドライフラワーにになる過程で湿気にあたると、
綺麗にドライフラワーになりません…お気をつけを。

・風通しの良い場所に飾る
・除湿機や送風機を活用する

などの工夫が必要です。



インターネットを活用する


だいぶ流通量が増えたとは言え、
昔ながらの花屋にはまだその姿を見ることは出来ません。

都市部のフラワーショップや大手有名店などでは普通に取引されています。

ootehurawashop

画像はイメージ フリー画像です
(大手フラワーショップのイメージ)


もし近隣にそのようなお店がない…
そういった場合はインターネットを活用して購入することも可能です。

・お手入れを聞くことが出来る
・質問を受け付けてくれる
・アレンジしてくれる
・ネイティブフラワー専門

etc…

探せば結構見つかるものです。


一度試してみるのも良いと思います。

一つあるだけで個性的な空間づくりが出来るネイティブフラワー。

purotea

画像はイメージ フリー画像です
(一輪でも存在感抜群のプロテア)


ぜひ楽しんでもらいたいと思います。

大きな花が多いので花瓶は大きめサイズがおすすめです。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です






  



普通の切り花でない多様性が特徴的


こんにちは(*・ω・)ノ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。


スワッグなどで人気の高い、

「ネイティブフラワー」

をご存知ですか?


まさに多様性の時代…その種別も様々です。

代表的な品種をいくつかご紹介します。

neithibuhurawa6

画像はイメージ フリー画像です
(多様性の時代を象徴するような姿)



キング・オブ・ネイティブフラワー


まずは欠かせないプロテアをご紹介します。

kingpurotea

画像はイメージ フリー画像です
(キングと呼ぶにふさわしい姿)


南アフリカ原産でとにかく大輪であるのが特徴です。

プロテアは南アフリカの国花として愛されているお花です。
直径は20センチほどになるというので驚きです。

存在感抜群でまさに王様の風格です。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(キングプロテア ピンク種)



ネイティブフラワーといったら…と言えるほど代表的な種です。

他にも種類は多く存在し、
花が小さい種類も存在します。

puroteaice

画像はイメージ フリー画像です
(プロテアアイスクイーン)


・季節ごと
・イメージごと

にメインとなるそんなネイティブフラワーです。



その姿「針の山」


非常に個性的な花を咲かせるピンクッションです。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(ピンクッションの仲間)


こちらも原産は南アフリカです。

名前の由来は「ピンク」から来ているのではなく…

ピン(針)がクッションに刺さっている様子に似ていることから、

「ピン+クッション」

と呼ばれるようになったそうです。

別名は「レウコスペルマム」

オレンジが鮮やかなサクセションが代表種。
他にも黄色いゴールド種などが流通しています。



山火事が起こるような厳しい環境で生きる


ドライフラワーでも大活躍するのがバンクシアです。

bankusia

画像はイメージ フリー画像です
(バンクシアの一種)


こちらも有名なネイティブフラワーです。

原産はオーストラリア。

ドライフラワー状態になってもほとんど見た目が変わらないため、
スワッグのセンターに置いたり活躍しています。

オーストラリアの乾燥地帯は頻繁に山火事が発生します。

そんな過酷な環境でも一度は焼けてしまったバンクシアは種を発芽させ、
再び咲くのだそうです。



ネイティブフラワーでは古参です


ネイティブフラワーがまだ認知されていない頃から、
ひっそりと流通されていたのが、

リューカデンドロンです。

ryukadendoron

画像はイメージ フリー画像です
(力強いリューカデンドロンの一種)


原産は南アフリカです。

何と言っても固くて丈夫。
有名な品種は先端の赤い「サファリサンセット」という品種だそうです。

他にもグリーンのものなど多種に渡ります。

多くのアレンジなどで見ることが出来ます。



ネイティブフラワーの名脇役


キングプロテアのように主役となるものがあるとすれば、
こちらは名脇役といった所です。

実物のようなブルニア種です。

sirubabuunia

画像はイメージ フリー画像です
(シルバーブルニア)


実はブルニアだけを活けても良い雰囲気になります。

他にも緑色のバーゼリアブルニア。
レッド系の種もあるそうです。

こちらも南アフリカ原産です。

色や形を生かしてクリスマスのアレンジなどにも多用されます。



その花の光沢はワックスのよう


ネイティブフラワーにももちろん小花系はあります。

オーストラリア原産のワックスフラワーです。

wakkusuhurawa

画像はイメージ フリー画像です
(白系のワックスフラワー)


花の光沢が蝋(ロウ)のようであることからその名が付きました。

写真の白系の他に、

・ピンクのグラデーション
・濃いピンク

他にも品種があるようです。


通常のアレンジにおけるカスミソウのように使用することができます。
他のネイティブフラワーとの相性もよく、
アレンジに重宝されています。



その姿から名前が想像できます


こちらもサブとして優秀な、
ライスフラワーです。

raisuhurawa

画像はイメージ フリー画像です
(まるでお米のような小さな粒が特徴です)


原産はオーストラリアです。

ライスフラワーという名前ですが、

・白
・ピンク
・濃いピンク

などの種類があります。


ドライ状態でも余り姿が変わらないため非常に使い勝手がよいお花です。



まだまだたくさんの種類があるネイティブフラワーの世界


ネイティブフラワーは個性派揃いです。
どれも不思議な魅力を持ったワイルドな雰囲気。

実はこんなお花もネイティブフラワーです。

1255

画像はイメージ いつかのフランネルフラワー


街の花壇などに用いられておりました。

オーストラリア原産のお花です。

他にも、

・カンガルーポー
・クリスマスブッシュ

など聞いたことがある名前もあるかと思います。

neithibuhurawa7

画像はイメージ フリー画像です
(ネイティブフラワーのブーケ)


・色合い
・質感
・生命力

など様々な魅力があります。


基本的に丈夫で長持ちするお花が多いです。
1ヶ月も保つというものもあるというので驚きます。

販売店に管理方法を聞くなどして、正しく管理したいものです。

ドライフラワー状態まで楽しめるのも魅力の一つです。



次回は活用と注意点についてお話したいと思います。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です






  

このページのトップヘ