草花・自然 : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

カテゴリ:生活・暮らし > 草花・自然



「シルバーリーフ」でガーデンがワンランクアップします


こんにちは(*・ω・)ノ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


近年はガーデニングも人気になっています。
冬になると寂しくなるガーデンを彩る名脇役。

それが「シルバーリーフ」と呼ばれる葉の色が白や紫…銀色に輝く植物たち。


皆さんも一度は目にしていると思います。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(メジャーな品種であるシロタエギク)



「シルバーリーフ」の特徴


「シルバーリーフ」と呼ばれる植物たちは産毛に覆われています。

この産毛に特徴があるのです。


・産毛に日光が反射して輝いて見える
・産毛は水を弾く
・品種によるがもこもことした質感がある

etc…

ramuzuiya

画像はイメージ フリー画像です
(もこもこした肉厚の葉が特徴のラムズイヤー)


葉の緑色は濃くはありません。

その分珍しい白や銀の葉を持っているのです。


光り輝くその産毛も大きな魅力の一つと言えます。
雨上がりなどは美しく水滴が輝く事もあります。

sirubarihu1

画像はイメージ フリー画像です
(美しく輝くシルバーリーフ)


美しさもさることながら、
触った感触も楽しめる植物というのはあまりありません。

その点も魅力の一つと言えます。






通年楽しめる「シルバーリーフ」強い耐寒性


種類にもよりますが通年を通して楽しむことが出来ます。

非常に耐寒性が強い種が多いです。
冬を超えて来年もまた楽しむことが出来ます。

sirubarihu

画像はイメージ フリー画像です
(庭のアクセントに最適…)


しかしもちろん弱点もあります。

湿度には弱めなものが多いです。
高温多湿の夏は、風通しの良い場所などで上手に管理しましょう。

シルバーリーフの産毛には秘密があり、水を弾きます。
葉は水を嫌がって産毛で覆われているのです。

原産地は南半球が多く、
非常に乾燥した乾いた土地であるのもその理由です。

「ネイティブフラワー」
「オージープランツ」

といった植物たちと同じ出身地です。
独自の進化を遂げた植物たちなのです。

neithibuhurawa4

画像はイメージ フリー画像です
(ネイティブフラワーにもシルバー系は多い)



ガーデニングのアクセントにピッタリ


単体で用いるのももちろん良いものです。

シルバーリーフが真価を発揮するのはガーデンのアクセントとして使用した場合です。

・お花が引き立つ
・グリーンの中に白い葉のアクセントが効く
・光を浴びると輝く
・シルバーリーフそのものも美しい

etc…

sirubarihu2

画像はイメージ フリー画像です
(冬場でも楽しめる組み合わせの例)


耐寒性が強く、他の植物が枯れた時でも元気に育ちます。
ガーデニングのアクセントに取り入れてみてはいかがでしょうか?


育て方などリンクを貼っておきます。
ご参考までに⇩

https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-687

(趣味の園芸のページです)



よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2022.11加筆修正)




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です







  



海外でも「KAKI」で通じる「柿」


こんにちはヾ(´ω`=´ω`)ノ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


花言葉は知っているとちょっと豊かになる。
使い分ける事ができる人になりたいものです。


中には少し変わった花言葉を持つものも…


今回は
「柿」をお届けします。

kaki

画像はイメージ フリー画像です
(季節を告げる果実でもある柿)



お花はひっそりと咲いています


◆柿とは

原産地 日本、中国
分類  カキノキ科 カキノキ属
別名  Kaki

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(あまり注目されることは無いお花)


柿は5月から6月くらいにひっそりと開花します。

実は季節を告げるものとして注目されますが、
お花はとても地味です。

花色は少しオレンジかかった色。
柿のヘタの部分に名残を見ることが出来ます。

別名のとおりヨーロッパなどでも「Kaki」で通じるようです。

英語表記では「persimmon」(パースィモン)と言います。
あまり馴染みが無いです。



実りの季節を体現する花言葉


◆一般的な花言葉

「自然美」
「恵み」

kaki1

画像はイメージ フリー画像です
(季節の恵みをもたらす柿の木)


非常にわかりやすい花言葉です。

秋になると「恵み」をもたらす柿の木は豊かさの象徴であったのでしょう。
実りの秋というくらいです。

そのまま食べても、
干して保存食にしてもいいので重宝したことでしょう。



壮大な花言葉を持ちます


◆ちょっと変わった花言葉


「広大な自然の中で私を永遠に眠らせて」


kaki2

画像はイメージ フリー画像です
(自然に育まれ実をなす柿の木)


「実り」
「恵み」

といったポジティブな花言葉とはかけ離れた、
不思議な花言葉と言えるでしょう。


どうしてこういった花言葉がついたのでしょうか?



ミステリアスな花言葉の由来


◆その由来(詳細不明)


こちらの花言葉…実際にあるのです。
しかしこれといった根拠が発見できませんでした。

とってもミステリアスです。

kaki3

画像はイメージ フリー画像です
(落ちた実はやがて自然に帰っていく…)


一説には、
柿の実は熟すと地面に落ち、少しずつ自然へかえっていく。
この姿から産まれた花言葉なのではという説があります。


他には考察するしかありませんが、

・誰ぞが詩で読んだ
・なにかの詩のテーマであった
・柿の木と秋の夕暮れを投影した 

etc…


どれも根拠に欠けるものではあります。



農村の柿の木を偲んで


※これは根拠のない考察です


農村の柿の木はどこかぽつんと生えている時があります。

秋になると夕暮れも早くて、柿の木は夕景によく映えます。
夕日は影をとっても長く見せます。

そんな情景と暮れゆく農村の自然美。

kaki5

画像はイメージ フリー画像です
(夕暮れの柿の木はどこか切ない)


「この夕暮れのように変わることなく永遠に眠っていたい」


そんな思いを馳せたのではないでしょうか?


または柿の実が成れば今度は寒く厳しい冬がやってくる。

そのような情景が産んだ花言葉なのかもしれません。



「桃栗三年柿八年」


柿の木は実がなるようになるのに、
約8年の年月を要するということを例えた言葉です。

そのような事情も花言葉に影響をもたらしたことが考えられます。

kaki4

画像はイメージ フリー画像です
(柿の木を食べに来たヒヨドリ)


柿の木は実をつけるようになれば、
人だけでなく野鳥などの動物たちにも恵みをもたらします。

それは紛れもない自然の「恵み」なのです。



花言葉も時代により変わりゆく


花言葉というのは時と場合で変化もしていきます。

例えば…

昔の青いバラの花言葉 ⇒ 不可能
今の青いバラの花言葉 ⇒ 夢叶う

aoibara

画像はイメージ フリー画像です
(美しい青いバラ)


つまり不可能とされた青いバラが、
技術の進歩(努力)により可能となった一例です。


「花言葉」

いささか古めかしいですが、
知っていると豊かになる素敵なたしなみです。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です




ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です






  



秋の空はなぜ高く見える?


こんにちは(*´∇`*)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。


気持ちよく晴れた秋の空、

「秋の空は高い」

というのを聞いたことがないでしょうか?


また秋の空はとても青く見えてきれいです。

それはどうしてなのでしょうか?
高さそのものは変わらないはずですが…本日はそんな素朴な疑問のお話です。

788

画像はイメージ いつかの青空
(特徴的な秋の筋状の雲)



高気圧にも出身地がある


日本列島を訪れては、
また去っていく高気圧。

基本的には高気圧が近づけばお天気は晴れ。
低気圧が近づけば曇りや雨になります。

tenkizu

画像はイメージ フリー画像です
(高気圧はどこからやってくるのか)


高気圧の出身地とは?

とある高気圧が発生した場所が出身地です。


実はこの出身地よる違いが、

・空の高さ
・空の青さ

と密接に関係しているのです。



秘密は含まれる水蒸気?


【夏の高気圧】


夏の高気圧は南国出身です。
海上で発生し北上してきます。

海上を移動するためにその途中でたくさんの水分、
つまり「水蒸気」を多く蓄えています。

この「水蒸気」は夏の蒸し暑さをもたらす原因にもなっています。

nyuudougmo

画像はイメージ フリー画像です
(真夏の入道雲のイメージ)



【秋の高気圧】


秋の高気圧は西方の大陸出身です。
西から東へと移動してきます。

大陸には水が少ないため、
当然ながら含まれる「水蒸気」の量が少なめになります。

カラッとした晴天の要因ともなっています。


実はこの「水蒸気」の量が空の透明度に密接に関係しています。

「水蒸気」の少ない秋の高気圧は「透明度の高い空」をもたらします。

例えるならば、

夏の高気圧 ⇒ ミストサウナ
秋の高気圧 ⇒ ドライサウナ

視界の差は歴然です。

misutosauna

画像はイメージ フリー画像です
(ミストサウナは水蒸気を用いる)



【秋の空が高く青い理由】


夏の高気圧は海上を進むため「水蒸気」が多く湿度が高い。
秋になると大陸から乾燥した高気圧がやってくる。
これが秋の空が高くそして青い空を生み出す理由です。


夏の「水蒸気」を含む高気圧は、
同時に入道雲のような夏の雲を作り出します。

秋の高気圧は「水蒸気」が少ないため、
雲は入道雲のようにならず薄く伸びるようになります。

443

画像はいつかの秋の青空
(透明度が高く青く見える)



実は春の高気圧も大陸出身


「高気圧の出身が大陸ならば空が高くなる」


ならば同じ大陸出身の高気圧がやってくるのに、
春はどうして「かすみがち」なのでしょう?

harugasumi

画像はイメージ フリー画像です
(春特有の「春霞」のイメージ)


これには別の理由があります。

大陸の春は雪解け後で、地面がむき出しになっている状態です。
そのために土や砂を舞い上げやすくなっているのです。

春先に黄砂と呼ばれる現象が大陸からもたらされます。
それは舞い上げた土や砂が埃やチリのように飛んでくる現象です。


では秋はどうなのでしょうか?

秋に大陸で産まれた高気圧は同じように日本にやってきます。
しかし夏の間生い茂った植物によって地表が覆われているのです。

midorinodaiti

画像はイメージ フリー画像です
(夏の間に緑に覆われた大地)


そのために砂埃などを巻き上げにくい状態で高気圧がやって来ます。

自然環境が完全に破壊されてしまえば、
私たちは美しい青い空を見れなくなってしまう可能性もあるのです。

もっと自然や植物たちに感謝をしなければなりません。



気温が下がることで起こる変化


秋にはもう一つ現象が重なっています。

それは気温の低下です。

tairyu

画像はイメージ フリー画像です
(こちらは水の対流…基本同じ現象が起こる)


夏の間は温められた空気がいわゆる「対流現象」を発生させます。
つまり空気をかき混ぜるのです。

この際に低めの層にある汚れた空気を、
一緒に巻き上げてしまうと言われています。

秋の日照減少により空気が温められなくなると、
「対流現象」が起きなくなります。

汚れた空気の層をかき混ぜなくなるので、
こちらも「秋の空は高い」に一役買っています。



本当に「秋の空は高かった」


いろいろな自然現象が重なって、
結果として「秋の空は高い」のです。

・大陸出身の水蒸気の少ない高気圧
・移動中に土埃を巻き上げずに移動する
・夏に生い茂った植物が土埃をガードする
・気温が下がることにより対流現象が起きなくなる

こんな現象が重なって…

「秋の空は高い」のです。

そして「透明度が高く青い」のです。

akinosorayuuhi

画像はイメージ フリー画像です
(実は夕焼けも秋が美しい)


近年では開発などにより山などが削られて、
土埃を巻き上げやすい状態を自ら作ってしまっています。

普段何気なく見ている植物たちにも大切な役割があり、
人間も生態系の一つであることを認識する時期なのかもしれません。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です






  

このページのトップヘ