寓話・おとぎ話 : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

カテゴリ:雑談 日記 > 寓話・おとぎ話



私の忘れ物・*:.。 【創作寓話】by よつくま



忘れ物はありませんか?
もしくは忘れてきたものはありませんか?

日々に追われる生活の中でそれは置き去りにされているのかもしれません…

BlogPaint


これはちょっと生活に疲れた時に見て欲しい家族の絆のお話。



忘れられた留守番電話


とにかく日々が忙しかった…
家にいる時間は殆どない。


BlogPaint


今日もパソコンに黙々と手をやる…
無機質なカタカタというキーボードの音が響いている。

本当に響かせたいのは何?

彼女の名前はフィフラといった。
もうそれなりの年齢になっていた。
食事もおろそかに仕事に打ち込み…いや打ち込むことで何かを忘れたいのか。

もう街もクリスマス一色な季節。
自宅のピアノのそばにある留守番電話に一本の留守電が入っていた。

今日も家に帰らない彼女には知る由もない…。



フィフラがその事を知ったのは留守電が入ってから3日ほど経っていた。

父、アレクシが亡くなった。

「そっか…」

と一人つぶやいた。
信じられないほど気持ちが動かなかった。


BlogPaint


実家にはもう何年も帰っていない。

父アレクシはぶっきらぼうな人だった。
そして極めて古風で、PCやモバイルなど到底無理な堅物…。
そんな記憶しか思い出さなかった。

私が街に出ると言った時も…

「そうか」

とだけだった気がする。


留守電を入れてきたのは母のミラ。

「一度くらいお父さんに挨拶なさい」と入っていた。

母はピアノ講師をしており、その影響からか私もピアノを始めた。
よくあることだ。
そう…とっても普通の事。



小さな想い出


結構頑張ってピアノを練習した。
村の小さなコンクールで優勝をしたりした…気がする。

BlogPaint


もちろん街に出ていくつかの大会に出たりもした。

予選落ち
予選落ち
6位
7位
4位
予選落ち…

まぁそんなもんでしょ。


村の大会で優勝したからって街では…ましてそれで食べていくなんて。
到底才能の限界ってものがあるの。

家のピアノも埃をかぶっていた。
早く処分をしなくちゃって思いながら…今の所まだ出来ていない。



BlogPaint


あれはいつだったっけ?
そんなに遠くない過去。

私は夜にアルバイトがてら、ピアノを弾かせてもらっていた。
小さなお店で店員をやろうと応募して…
どういうわけかピアノを弾く流れになった。

その時声をかけられたことがあった。

「応援するよ!」
「頑張っているんだって?」

見知らぬ顔だったのでとりあえず笑顔でごまかしたっけ。


最近ではその店も辞めて…
ピアノに触れることもなくなった。

母ミラからの留守電の最後に
「とりあえずクリスマスには来るように」
と入っていた。


おそらく無理。

回答はしていない。
きっと仕事をしているだろう。
いつものように何かを忘れるように…



イブの邂逅


イブの夜。
仕事を終えて今日も22時をすぎる頃…

ふと聴こえてきたピアノの音に小さなお店に入った。

私の他に2、3組のお客しかいなくて、お世辞にも綺麗なお店ではなかった。
でも何故かその店に入りたくなった。

少し食事をして帰ろうと思ったのだ。


BlogPaint


22時30分頃。

しばらくお酒を飲んでいると、私の斜め奥の角の席に老人がいることに気がついた。
それまで気が付かなかった…
ただでさえ暗い店にみすぼらしいグレーの服が溶け込んで…
髭を蓄えた老人のようだった。

ふと目をそらした瞬間!

「ちょっといいかね?」

私の斜め前にその老人が座っていた…


!!


ぎょっとした…


「な、いったいなんですか?」


髭のある口に手を当て、静かにと言っているようなリアクションをした。


その瞬間だった!


頭にいろいろなことが流れ込んでくる…



ベッドに寝かされている赤ちゃんだ…

「この子の名前はフィフラ」
「ナナカマド」って意味だ。

魔除けの意味もあるけど、ナナカマドは何回燃やしても燃えないんだ。
きっと災厄から守ってくれる。
力強い声がする…


BlogPaint


「上手ねフィフラ」ミラの声かな?

頭を撫でられている子供…私??

「この歳でピアノを弾けるなんて天才じゃないか?」え!この人アレクシ??
両脇を抱えられて高い高いされている。


お父さん…笑ってる ミタノヒサシブリ…


「私ね…ピアノで一番になる」…。

「私ね、パパとママにたっくさん弾いてあげるね」 やめて!

「私、街にでて試してみたい…自分でどこまでやれるか」 無理よ!

「メールくらい覚えてよ!忙しいのに電話してこないで!」 いやっ!

「なぁミラ…そのメールってどうやるんだ?」 ……。

「私達は最後まであなたの味方よ」 !?


はっと我に返ると老人は消えていた。


思わず時計を見る…

22時31分

どういう事なの?
私は一人キョロキョロと周りを見渡したが特に変わったこともなかった。


クリスマスメドレーが演奏される中、私は足早に家に戻った。



故郷へ…


「え?休む?困るよ急に…」


BlogPaint



次の日の朝
私は列車に乗っていた。

何年も帰っていない
いや…帰れていない実家へ。

実は夕べのことはほとんど覚えていなく…
気がついたら家にいた。


「ナナカマド」
「ピアノ」
「メールどうやるんだ?」


それ以上に父の笑顔
母の言葉だけが残っている。

「サイゴマデミカタ」

数時間の列車を降り更に列車を乗り継ぐ…


BlogPaint



久しぶりにここに来た。

私は
「ピアノで有名になる」とだけ言い残して街へ出た。

実家に帰らなかったんじゃない…
帰れなかったんだ…恥ずかしくて、悔しくて…

結局投げ出した自分に。


「来たのね」とだけミラは言った。

コクンとうなずく私。


「こっちにいらっしゃい」


言われるがままに家に入る。
あの頃のままで何も変わっていないのに、別の家のように感じた。


「お父さんの部屋よ」


え?

父のデスクには一通りのPCが揃っていた。

「だってお父さんメールの一つも…」

促されるまま開かれた画面を見た。
PCの画面を見た私は画面が歪んでいくのを感じた。

「お父さん…お父さん」

ミラは私をそっと抱きしめてくれた。
少し痩せたかもしれない手、でも温かくて…嬉しかった。



BlogPaint



少し落ち着いた私を見てミラはそっと喋りだした。

「お父さんね、あなたが出ていって随分落ち込んじゃってね」

「寂しいものだから電話して怒られちゃって」 あ…


「メールを教えてくれって私に頼んだの」
「結局覚えられなかったけど…向いてないのね」


「その後ね、必死に本を読んで勉強して」
デスクには【初心者向けのPCの使い方】や【始めようインターネット】などの本があった。


「さっき見たSNSのサイトを作ったのよ」

「娘を応援して下さい」
「見かけたら聞いてやって下さい」てね。

あの時の見知らぬ人たちそれで…お父さん。


お茶を一口飲んでミラはふぅと息を吐いた。

「あの人は無口で誤解を産みやすい人だったけど、誰よりもあなたの味方だったわ」


アレクシの座っていた椅子を見ながら。

「そうそう、あなたの名前の由来しってる?」


知ってると答えた。


「ナナカマド」は魔除けで何回燃やしても燃えないんでしょ?


「あらよく知ってるわね!」ちょっと驚くミラ。


「お父さんがどんな道を進もうとも災いから守ってくれるようにって」

「あの人三日三晩悩んで選んだんだから…」
「自分は病気に勝てなかったけどね」

ミラの笑顔は少し寂しそうに見えた。


色々な話をした。
その中には知らないこともあった。



その夜は家族3人で厳かに過ごした。

父の座っていた席…
何故か父が好きだったタバコの匂いがした気がした。



私の忘れ物



翌朝父の墓へ

手紙を書いて置いてきた。
なんだか恥ずかしくて仕方がなかった…


BlogPaint


大嫌いだったタバコの匂い

「このタバコ…好きだったでしょう?」
「だから止めなって言ったのにさ…」

「…バコばっかり吸うから死んじゃうんだよ…」

タバコはジュッと音を立てて煙をくすぶらせていた。



私は街へと戻った。

手には父の作ったタバコの匂いのするノートを持って…

そこには私の6位とか7位とか小さく名前が乗っている記事が貼ってあった。
不器用な父らしくアナログなやり方で。

汚い字で
6位入賞おめでとう!

なんて書いてあって…結局アナログじゃない。


SNSのページは私が引き継ぐことにした。
その経緯を記した投稿にはそこそこの反応があった。

今日はその投稿の返信から
「うちで弾いてみませんか?」と言ってくれたお店にいく予定になっている。


正直どこまでやれるかわからないし、母を一人で実家に置いておくわけにもいかないから…


でも母が帰り際に言ってくれた

「私達は最後まであなたの味方だから」という言葉を胸に…

父が残してくれたこの名前と共に私は生きていく。

本当に響かせたい物を取り戻したから。




FIN•*¨*•.¸¸♬





どれもオリジナル作品です










ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ




ツイッターのんびり更新中です











  



たった一つの願い˚*・.。  【創作寓話】byよつくま




【たった一つの願い】


モノに心は宿らないのか…
宿るわけがない、モノはモノだ…。
用済みのモノは廃棄するしかない。ゴミとして…

BlogPaint

果たしてそうなのでしょうか?

これはこんな時代に起こるかもしれない不思議なお話…。



雷鳴と静寂


ドーンと大きな音を立てて一本の雷が落ちた。

BlogPaint

あとはまた静寂に包まれるのみ。

ここは廃棄場…
そう、誰にも気にされることなくあとは廃棄処分されるだけの。
モノたちが集められる場所…。



トレエとの出会い


一時期大ブームになったコミュニケーション型アンドロイド。
AIが搭載されて飼い主を認識し、行動パターンなどから細かく行動できる。

BlogPaint


お世話も不要、散歩も不要、そして子供の相手から介護まで幅広く対応できることから、大人気となった。
都市型の暮らしにも対応できるのでかなりの数が販売された犬型モデル トレエ型。

しかし何年か過ぎると、人型のアンドロイドが普及し始め、ペット型のアンドロイドは廃れていった。

「特に何もできないし」
「子供も大きくなったし見向きもしないよ」
「家事をしてくれるわけでもないし」

そして多くの犬型モデルトレエ型は廃棄されていった。
その中に宿る魂など知る由もなく…。

それはそうなのだ…。彼らはモノであって命ではないのだから…。



「トレエ!こっちだおいで!」
トレエはセンサーを起動した。

ピッ!ご主人タピオの声を確認。行動開始。

BlogPaint

タピオは一人っ子で共働きの家族と暮らしていた。
家に一人でいる時が多いので、遊び相手として両親がアンドロイド犬トレエを与えたのだ。

トレエはいつでもタピオのそばにいた。
それはそうプログラムが動いていたから、タピオの中に寂しさを感知していたから。

プログラムに沿って行動していたからなのだろう。
進んだAIプログラムは対象の感情を読み取り、最善の行動をとる。
そう作られていたのだ。


「今日はボール遊びをするぞ」
「トレエ!とってこい!」

「ワン!」

きちんとボイス機能も搭載されていた。

タピオはボールを持ってくると頭をなでてくれる。
ピッ!タピオに喜びを感知…。


何度もボールを持ってきては頭をなでられた。
なでる行為に何の意味があるか…ピッ!理解不能??

しかしそれでよかった。
それを考えるプログラムはされていないのだから。

そんな普通の日々が続いていった。
何の問題もない日々が。



訪問者と別れ


とある大雨の日だった。
時折雷鳴も轟いている…。

両親はいつものように不在。

「ドンドンドン!」

ドアを叩く音が響いていた。

BlogPaint


スイッチオフ状態のトレエはタピオの声を感知した。
いつもと違う緊張した声…
ピッ!恐怖を感知。スイッチオン。行動開始…。


玄関には男に腕を引っ張られたタピオの姿。

ピッ!登録リスト参照…。
ステータス「アンノウン」警戒セヨ…。

プログラム警戒。
警告音発信…。???

ピッ!システムエラー発生…。


トレエはその男に突進をしていた。
よく理由はわからなかったが…そうしたほうがいい気がした。

プログラム上は静止して吠えるとそういっていたのにもかかわらず。

「痛っつ!なんだこのロボットは!」
ガシャーンと音がした。

トレエはそのまま壁に投げつけられて動かなくなった。

タピオマモラナケレ…

「トレエ!トレエ!」
タピヲ…ヨンデイ……トレエはシャットダウンした。


「なんだ?今の音は?」
近隣の人たちが出てきた…

「ちっ!」
男はその場を離れて逃走した。


その夜…

最近は物騒になっていて小さな子供を狙った誘拐などが増えてきていた。
比較的裕福で留守がちなタピオの家は狙われていたようだった。


「きちんとした施設に預けたほうがいいな」とタピオの父
「警備システムのある人型アンドロイドにしましょうよ。洗い物してくれるのもあるのよ」と母の声

タピオは二人に訴えた。
「トレエが救ってくれたんだ!悪党にタックルしたんだよ!」
動かないトレエを抱えて泣くタピオ…

涙がポツリとトレエに落ちている

「ナンダロウコノカンジハ…アタタカ……」それがメモリーの最後であった。



廃棄場と意思


雷の衝撃があたりに響き渡っていた。
無機質なグレーの空間。
一瞬の光でガラクタの山が浮き上がる。

BlogPaint


その後静寂が訪れた…何も変わらない。変わりようがない。
ここは役目を終えたモノしかいないはずだった。


ピッ!再起動を確認…
バッテリー20%
損傷個所多数…
行動…可能…ピッ!

トレエは雷によって充電をされて目を覚ました。
そこがどこかはデータになかった。

タピオサガス
タピオマモル
アタマナデラレル…

ふらふらと動き出すトレエ。
廃棄場の道は坂になっており、四肢のパーツ破損状態のトレエにとっては余りに過酷であった。

その方向がどこに向かっているかも全く分からない。

プログラム上ではアラートが鳴り響き…
メンテナンスプログラムが発動中。
ピッ!シャットダウンを開始…

タピオ…
アイタい…

シャットダウンプログラムは破棄された。
そこには確実に「意思」が存在していた。

この坂の向こうに青白い光が見えた。
なぜかそこに向かわなければならないと判断した。

それはプログラムでもなんでもなくトレエの「意思」で…青白い光へと向かって。



青い光とたった一つの願い


雷鳴は止むことなくあたりを時折照らし続ける。

青白い光のそばにつく頃
トレエの充電は3%くらいだろうか…

BlogPaint


大きな角を二つもったふさふさの毛の獣と赤い服の老人が見えた。

「ほっほっほ…珍しいお客さんだ…」

タピオアイタイ
タピオマモリタイ…

「それがお願いかな?」といわれた気がした…
フッと視界が暗くなりトレエは動かなくなった。

タピを…。

青い光だけがあたりを包んでいた。



裕福と孤独と再会


今日はクリスマスの日…だというのに両親は仕事…

裕福さの中にある孤独。
それでも暖かい家があって、恵まれているのだろう。
そう…きっとそのはずだ。

BlogPaint


タピオは人型アンドロイドと一緒に暮らしていた。
あれから同様の事件は起こっていない。

不審者を警備する新型アンドロイドには事件にかかわるプログラムがされており、
犯罪者リストも搭載されていることから、そう簡単に手を出せないようになっていた。
警察への連絡機能や扉の開閉も制限できる。

「タピオ様…シュクダイノオジカンデス」

「どうして君はそんなに機械的にしゃべるんだよ」とタピオ
「ソノヨウニプログラムサレテイマス」
「つまんないの…」


現在発売している人型アンドロイドには、AI抑制システムが搭載されている。

これは不用意な行動…
つまり欠陥行動が起こりうる重大なプログラムミスを未然に防ぐためのプログラムである。

しぶしぶと机に向かうタピオ…

ペンを持つも上の空で窓を眺めていたタピオ。


その時だった。


「ワゥワゥ!」

窓の外から声が聞こえた…

「君、何か言ったかい?」とタピオ
「ピッ!ナニカゴヨウデスカ?」
「何でもないよ!もう!」


「ワゥワゥ!」

やっぱり聞こえる!

BlogPaint


雪景色の庭の一角…
樹の陰に白い影がある。
その方向から声が聞こえるのだ。


窓を開けると白い犬が一匹尾を振っていた。

なぜか涙があふれてくる…僕はあの犬を知っている!
玄関へ走り出すタピオ。


「トレエ!トレエだろう!!」
「ばうばぅ!」


出てきたタピオの顔をなめる白い犬。


アタマをなでられて嬉しそうな白い犬…。


窓の開閉も玄関の開閉も…アンドロイドによって管理されている。

普通なら外出できないようになっている窓や扉がその時は開いたこと。
警備モードがいったん解除されていること…。

タピオにはそんなことは知る由もなかった。


「ピピッ…Merry Christmas!Toree!」




【たった一つの願い】おしまい




拡がる寓話の世界⇓









ご登録頂ければ嬉しいです(๑´▿`)♡⇓






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ




ツイッターのんびり更新中です












  



魔法のクリスマスツリー˚*・.。  【創作寓話】byよつくま



【魔法のクリスマスツリー】



なんでも願いを叶えてくれる「魔法のクリスマスツリー」
もしそんなものがあったならあなたはどうしますか?


これは「魔法のクリスマスツリー」を偶然見つけた女の子のお話…


BlogPaint

image free picture



皆考えは自分のお願い事


「魔法のクリスマスツリー」は誰もが探しているけれど、なかなか見つからないもの。


ある人はお金持ちになるために…
ある人は大好きなおもちゃを手に入れるために…
ある人はトップスターになるために…


みんながそれぞれの想いを抱いて森を探していました。
そう…もうすぐクリスマスなのです。


おじさんは言いました

「ツリーなんだから森にあるに違いない」
「邪魔な樹を切り倒したら見つかるはずだ」


男の子は言いました

「そんなものないよ…あるわけないじゃん」
「おもちゃは親が買ってくれるんだよ」


若い女性は言いました

「私以外にふさわしい人物はいなくてよ」
「さあ手伝いなさいな、スターになったときには召使いとして使ってあげる」


こうして今日も森は大賑わいです。



BlogPaint

image free picture



今日も一緒…いつもの散歩道


女の子は村に暮らしています。比較的貧しいエリアでした。
「魔法のクリスマスツリー」がどこにあるのかなど知る由もないままです。

そんな中女の子はいつものように近所の森を散歩していました。

「あんまり遠くに行くんじゃないよ」とおばあさん…


お父さんは街で働いていてたまにしか会えません。
お母さんは村のパン工場で働いているのでクリスマスの時期は忙しいのです。
でもそのおかげで毎日食事を採ることは何とかできました。

「大丈夫だよ、トレエも一緒だから」と女の子。

トレエはお父さんが飼っている猟犬で黒い犬でした。
いつも散歩は一緒です。


女の子はお花を見たり、どんぐりを拾ったりするのが好きです。
恐い動物もトレエが一緒だと寄ってこないので安心して楽しんでいました。



迷ったおじさんとジンジャーブレッド


「らんらんらん•*¨*•.¸¸♬」

ちょっと気分よく鼻歌を歌いながら…
ほんのちょっと森の奥にやってきた女の子。

そんな時でした!

BlogPaint

image free picture


「バウ!ワンワン!」
とトレエが裾を引っ張ります。

「どうしたのトレエ!」こんなことは初めてでした。

トレエはおとなしく声をあげることなどない犬でした。
引っ張られるまま小さな樹の袂まで引っ張られていく女の子…


「ワンワン!」
そこには黒い服をきたおじいさんが樹にもたれかかっていました。

「あ!大変!」

駆け寄る女の子

「大丈夫ですかおじいさん!」
「何か持っているかね?」とちょっと太めのお腹をさすっています。

「お腹がすいているの?ちょっと待って」

女の子は駆け寄り、おばあさんから持たされたお菓子を差し出しました。
今はクリスマス前なのでジンジャーブレッドを持っていたのです。

おじさんはブレッドを美味しそうに食べて、差し出した水を飲みました。

「ふぅ…ありがとうお嬢ちゃん」
「迷ってしまってね…行き倒れるところだったよ」とおじいさん。


女の子は
「こんなに浅い森で迷うかな?」と思いながらも…

「よかった!」

「村までご案内しましょうか?」と声を掛けました。


「大丈夫…心が洗われたよ」

「???」
女の子はよくわかりません…


「私は大丈夫だからおうちにお帰り、間もなく日が暮れる」

確かに帰らなきゃと空を見上げました。
…でもおじいさんが…??


視線を戻すとおじいさんは消えていました…



おばあさんと…


家に帰り夕食中、おばあさんに事の顛末を話しました。

「おまえは優しい子だね」
「おじいさんは大丈夫さ、元気が出たんだろうよ」

おばあさんは何かを言いかけました…


「さぁもう休みなさい」
と電気を消しておばあさんは出て行きました。


女の子は…
「何だったんだろう?明日もう一度行ってみよう」
と思いながら眠りにつきました…。



再び森へ


翌日女の子はトレエを連れて昨日のところへ行きました。
ところがそこには大きな樹が一本あるだけ…

「おかしいなぁこんなところにこんな大きい樹なんてあった?」

「ガサッ!」

何だろう?恐い動物だったらどうしよう……

トレエは涼しい顔で頭を掻いています。


すると突然大きな樹の陰からおじいさんが現れたのです!
昨日とは違う赤い服を着ています。

「ほっほっほっ…昨日はお菓子をごちそう様」

「お礼をしなくては…何か欲しいものはないかい?」


女の子はきょとんとしています。
トレエは「わう?」と首をかしげます。


おじいさんは大きな樹をなでながら…

「この樹はの…魔法のクリスマスツリー!」
「なんでも願いが叶うんだよ…聞いたことはないかい?」


女の子は首を振りました。

「おじいさん元気になったんだね、よかった」と女の子。

おじいさんは傍にあった切り株にどっこいしょと腰を下ろしました。


「最近は私利私欲に汚れたものが多すぎる…」
「おかげですっかり汚れてしまったよ」
「お嬢ちゃんのおかげで力を取り戻したんだよ、なんでも願いを叶えてあげよう」


「本当?」女の子は喜びました。


お金…あったらお父さん帰ってくるのかな…
お花の柄の入ったお洋服着られるのかな…

色々考えました。

そして女の子はこういったのです…
「私のお願いは…」


BlogPaint

image free picture



女の子の願い事


今日はクリスマス当日

女の子の家ではつつましくも家族が集まってお祈りをささげているところでした。
クリスマス休暇に入ったため、
お父さんもお母さんも…おばあさんもトレエも揃っています。

お祈りが終わったところで女の子は昨日の話を両親にしました。

「それで何をお願いしたの?」とお母さん

「うんとね…赤い服のおじさんにお願いはしなかったの」


………沈黙


「私はお父さんもお母さんもおばあちゃんも、トレエも、住む家もある」

「だから他にご飯が食べられない人や、家族に会えない人にお願いを取っておいてって…お願いしたの」


「そう…とてもいいことしたわね」と頭を撫でました。

「えへへ…」と照れ笑いの女の子。


「頂きましょう」

厳かにクリスマスの食事を済ませました。

「さぁもうおやすみなさい」
「おやすみ」


女の子が眠った後…
大人たちは話していました。

「優しい子に育ったねぇ」とおばあさん。
「俺たちの子だ」と何度もうなずくお父さん…
お母さんは無言でうなずくのみ…瞼から抑えきれないものが流れます。

「私たちは間違ってなかった、感謝いたします」

祈りの言葉を残して夜が更けていきました……。



女の子の願いと小さな幸せ


翌朝になりました。

クリスマス休暇でみんな揃って朝食です。
女の子はとっても嬉しそうです。


朝食が済むとトレエを連れていつも通り森に出かけます。

今日はお父さんも一緒です。

女の子は幸せでした。
とってもはしゃいだ女の子は、お父さんの背中の上の帰り道…


傍を歩いているトレエの首輪が変わっていたことは内緒です。


一つ売るだけでも暮らしていけるほどの…
輝く石のついた豪華な首輪に変わっていることに…


「ばう?」



【魔法のクリスマスツリー】おしまい🐶




拡がる寓話の世界






ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ




ツイッターのんびり更新中です











  

このページのトップヘ