「紫陽花寺」はこうして産まれた


こんにちは(´・ω・`)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。


梅雨に咲く花の代表格であるアジサイ。
雨が似合う花でもあり格別な魅力があります。

1064

画像はいつかのアジサイ 美しい花色です。


全国には「紫陽花寺」と呼ばれるお寺が数多くあります。
それはなぜなのでしょうか?

azisaidera

画像はイメージ フリー画像です
(アジサイで有名な寺社は多い)



医療技術と梅雨の関係


医療技術が進歩していなかった昔。

アジサイが咲くこの時期。
梅雨に入る頃は多湿です。
その上晴れると高温になり雨が降ると低温。

これが繰り返されるため、
病気が蔓延しやすい時期だったのです。

katatumuri

画像はイメージ フリー画像です
(雨は恵みをもたらすが…)


また現代のように空調設備が整っているわけでもありません。

庶民は高い薬を買うことも出来ずに、
医療を受けること叶わず多くの方が命を落とす事が多かったそうです。

BlogPaint

画像はいつかのアジサイ


・衛生管理
・医療技術
・栄養
・多湿と寒暖差

厳しかったであろう状況は想像に難くないです。



鎮魂の意味を込めて


全国各地のお寺ではその鎮魂の思いを込めて…
この時期に花をつけるアジサイを植えたのだと言われております。

784

画像はいつかのアジサイ


特に数年にやってくる「流行病」
当時は解明すらされていなかった訳です。

たくさんの方が亡くなられ各地の境内にアジサイが植えられました。

1186

画像はいつかのアジサイ 


比較的手間がかからず、
毎年同じ時期にきちんと花を咲かせる美しいアジサイ。

お寺を中心に植えられていったのはこうした背景があると言われています。


お寺のアジサイにはそのような歴史があるようです。

「せめてもの慰みに」

と言った慈悲の心といったところでしょうか…。


※諸説ある記事です



「紫陽花寺」として今日に伝わる


そうして植えられたアジサイは大切に育てられ、
各地で紫陽花寺として受け継がれてきました。

1063

画像はいつかのアジサイ 色変わりの一枚


梅雨の頃…
一斉に花を咲かせるアジサイ。

今度紫陽花寺を尋ねる際は、
こうした背景があったことを知っておく事は必要と思います。


今日では梅雨の楽しみとして見ることが出来るアジサイ。
当時の方々を偲びながら楽しませて頂きましょう。

また少し違った見方ができるかもしれません。


終わりにウィキペディアより、
各地の紫陽花寺をご紹介したいと思います。

こちらを御覧下さい。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ



合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です