梅の実がなる時期だから梅雨(ばいう)


こんにちは(`・ω・´)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。


日本の季節の一つ梅雨。
(つゆ・ばいう)と読みます。

イメージはどんな感じでしょうか?

・雨降り
・じとじと
・晴れない

ネガティブなイメージです。
少し梅雨の事を勉強しておきましょう。

BlogPaint

画像はイメージ フリー画像
(雨にカタツムリ…梅雨のイメージ)



なぜ梅雨というのか?


本日は、

「梅雨ってそもそも何?」

を書きたいと思います。

umenomi

画像はイメージ フリー画像です
(梅の実がなる時期です)


梅雨は何故「梅」に「雨」なんでしょうか

一般的には、

「梅の実ががなる季節に降る雨だから梅雨」

という説が有力です。

※諸説あります


その為、この雨季に入ることを「入梅」(にゅうばい)と言います。



梅雨の発生する仕組みをごく簡単に言うと…


どうして梅雨が起こるのか…すごく簡単に話をします。


北から冷たい空気を持った空気の塊(気団)

「オホーツク寒気団」

が下がってきます。

これは冷たく湿気を持った寒気団です

tennkizu

画像はイメージ フリー画像です
(「温」と「冷」のぶつかり合い)


反対に南から、

「小笠原気団」

が上がってきます。

これは高温で多湿の気団です


この気団がぶつかるのが日本列島の6月~7月。

気圧の谷間ですので「梅雨前線」が産まれお天気が不安定になります。


梅雨とは雨が降りやすくなる「雨季」の一つであると言えます。

これが梅雨のメカニズムになります。


一番簡単に言えば…

「冷たい空気と暖かい空気がぶつかると雨が降る」

でよろしいかと思います。



なぜ雨が長引くのか?


長引く雨は嫌なものです。
気分が落ち込んだりすることもありますね…

寒気と暖気のぶつかりは実は梅雨以外でも普通に起こります。
局地的な大雨というのは最近では当たり前になりました。

災害を起こすような事もありますね…(-"-)


tuyu2

画像はイメージ フリー画像
(長引く雨は嫌なものです)


梅雨が長引く理由としては先述の寒気と暖気のぶつかりが停滞する事です。


もちろん他にも要素があります。

東南アジアの気団や中国揚子江の気団も影響しています。

いずれも寒暖差のある気団のぶつかりで雨が降ります。
それが繰り返し発生するために前線が停滞するのです。

複数の気団によるぶつかりが繰り返されることで、

「梅雨前線」

が長く停滞するというわけです。



気団のぶつかり具合で変わる梅雨


梅雨は毎年が同じではありません。
(降雨量や頻度など)

気団のぶつかり具合で「梅雨前線」が上下するため降雨量に差がでると言うわけです。

雨のあまり降らない梅雨を、

「空梅雨」(からつゆ)

といいます。

tuyunoharema

画像はイメージ フリー画像です
(梅雨の晴れ間には虹が出ることも)


たまたま「梅雨前線」が下がってお天気が回復することを、

「梅雨の晴れ間」などと呼びます。


本日は梅雨の基礎知識になります。

次回も梅雨の雑学を記載していこうと思います。



よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です