一番贅沢な「何もしない」を…



こんにちは('▽'*)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


子供の頃は「時間」だけはありました。
大人になるにつれて「時間」に追われるようになります。


zikanniowareru

画像はイメージ フリー画像です
(何故か作れない「時間」)



次第に「疲労」も溜まっていきます。


予定の無い休日があったのなら、
時には「何もしない」のも一つの方法です。


とはいえせっかく家にいるのならば、
少しリッチに休息するのもまたよいかもしれません。


本日は「何もしない…自分のための時間」についてのお話です。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(家でも出来る非日常)



あえて「何もしない」日をつくる


実はすごく難しいのが「何もしない」


家にいれば食事の支度やら、
洗濯やら…

何かしらの家事があります。


kazi


画像はイメージ フリー画像です
(わかっていても頑張ってしまいます)



ここで言う「何もしない」は、

置き換えれば「自分のために時間を使う」

と思って下さい。


おそらく本当に「何もしない」のは不可能でしょう。


せめて自分の為に「休日・休暇」を過ごすことは、
決して悪いことではありません。


josei suimin


画像はイメージ フリー画像です
(ひたすら眠るのもまた一つの方法です)



許す範囲内でそのような日を作る。

本日はそんな休日のご提案です。



まず「下準備」をする


「何もしない」休日を作るには「下準備」が必要です。

友人ならまだしも、
仕事の電話などかかってきたら台無しです。


sumahoaserujosei

画像はイメージ フリー画像です
(一気に現実に戻ってしまいます)



スマホの電源は切るのがおすすめです。

どうしても必要な場合は、
連絡がつかなくなる旨を伝えておきましょう。


当日は引きこもるので、
事前に食べるものなども購入しておくのがベター。


宅配サービスもありますが、
外部と連絡を取るのも、受け取るのも無しにした方がリラックス出来ます。


takuhai

画像はイメージ フリー画像です
(宅配便も日時指定しておきましょう)



家に固定電話がある場合、
余計なセールスなどがかかってきがちです。

いっそ電話線を抜いてしまいましょう。


よほどのことがない限り、
そこまで緊急性の高い出来事は起こりません。


※人により事情は様々…ご判断はご自身で



自分の好きなものを選ぶ


あとは自分の好きに時間を過ごしましょう。

「自分のための時間」

です。


dokusho1

画像はイメージ フリー画像です
(好きなものに浸ることが大切)



例えば(ほんの一例です)


・ひたすら本を読む
・部屋を暗くしてライブDVDを見る
・ひたすら眠る
・すごくリッチな入浴剤を使う
・ゲームをクリアする
何もしない(ボーっとする)


bo-tosuru1

画像はイメージ フリー画像です
(明日からやればいいのです)



特に「ボーッとする」のは心の健康に非常に良いとされています。


多くの精神科医が言っております。

「ボーッとする」状態はセロトニンの分泌を促し、
かえってスッキリした状態に戻してくれる効果があります。


kangaesugi

画像はイメージ フリー画像です
(「考え事」が頭をぐるぐると)



何かに「詰まっている」人。

・考え
・思考
・言葉

にとらわれがちな人。


などには効果的な方法です。



nou

画像はイメージ フリー画像です
(実は頭が「冴える」効果がある)



頭が良い人ほど、
普段から「ボーッとする時間」を大切にしているのだそうです。


これは成功者の対談などでも語られている事です。



家にありがちな「贅沢品」


普段忙しく入浴時間が短い方も多いです。

こんな日はたっぷりと時間を使い、自分磨きをするのも良いでしょう。


nyuuyoku

画像はイメージ フリー画像です
(リッチな入浴剤やアロマを使ってみる)




【家にありがちな贅沢品】


・お土産の美容パック
・プレゼントの美容ジェル
・誕生日にもらったバスボム
・試供品のリッチなシャンプー

etc…


これを機に贅沢に使ってみましょう。


美容パックなどは拘束時間が長いため、
普段は使う機会が限られます。

「自分のための時間」⇒「自分を磨く時間」

でもあるのです。


pakku

画像はイメージ フリー画像です
(お肌をいたわる…よい機会です)



昼間から入浴できるのもすごく特別感があり、
おすすめの方法です。



他人に理解を求める必要はない


ここで記述したのはほんの一例です。

人それぞれの過ごし方があるでしょう。


一つ気をつけなければいけないのは、


「他人に理解を求める必要はない」


ということです。


josei munenite

画像はイメージ フリー画像です
(私は私です)



理解を求めた時に、
「自分のための一日」が終わってしまいます。


年齢が上がるにつれて、


「何もしない」⇒「究極の贅沢」


であることがよく分かるようになります。



充電が終わったらまた一歩ずつ進んでいければそれでいいのです。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2024.3 加筆修正)




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


X(ツイッター)のんびり更新中です