親子共にメリットがたくさん



こんにちは(*゚▽゚*)
四つ葉のくまさんことよつくまです⛺
本日もよろしくお願いいたします。


「コロナ禍」を経て、
「オーバーツーリズム」へと時代は様変わりしました。


そんな中で脚光を浴びたのが「アウトドア」であったとされています。


amehuri

画像はイメージ フリー画像です
(せっかくの休日もがっかりします)



しかしながら、


「雨が降ったり」
「事情により外出が難しかったり」


全ての方が「アウトドア」を満喫出来るわけではありません。


ちょっとした工夫で「インドア」で「キャンプ体験」するのも一つの方法です。


天候や人混みに左右されないのは「インドア」の大きなメリットです。


本日は「キャンプ気分で気分転換」についてのお話です。



BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(お家でも出来るキャンプ風体験)



「アウトドア」が難しい場合もある


「コロナ禍」を経て、
現在は各観光地共に混雑や渋滞などの問題が発生しています。


全ての方が外出して、
「アウトドアライフ」を楽しめるわけではありません。


kyanpu2

画像はイメージ フリー画像です
(楽しい休日「アウトドア」のイメージ)



事情は様々です。

・小さなお子様の育児中
・ご高齢の方の介護
・持病によるもの
・多忙によるもの

etc…


tatazumu

画像はイメージ フリー画像です
(ゆっくりと海を眺める時間)



特にお子様がいらっしゃる場合「インドアライフ」には限界があります。



【限界を超えた場合】(子供・大人共に)


・イライラして攻撃的になる
・感情的になりすぐ泣いたりする
・お酒がいつも以上に進む(大人)
・子供対して激しく怒ってしまう(大人)

etc…



kigakari


画像はイメージ フリー画像です
(このままでは親子ともによくありません)



何かしら良い方法はないものでしょうか?



「やさしさテント」という選択肢


「コロナ禍」の真っ最中…外出自粛であった頃の話です。

思うように行かない状況の中で、
二人の子供の兄弟喧嘩が絶えない状況でした。

そしていつしか母親にも限界が…。


outikyanpu

画像はイメージ フリー画像です
(お家の中にアウトドアのテント)



母親は本来アウトドア用の「テント」を家の中に張りました。

そして「やさしさテント」という名前を付けました。



このテントには「ルール」を設けました。

・入れるのは一人です
・優しい気持ちになったら出てきてください
・二人とも入りたい時は順番です

など「注意書き」を守って利用するようにと決めました。


yasasisa

画像はイメージ フリー画像です
(「やさしさ」は内にあるもの)



すると不思議なことに、
喧嘩をして泣いた子供が勝手に「テント」に入り、

しばらくすると泣き止んで出てくるのです。


母親が「優しくなれた?」と聞くと「うん」と言ったそうです。


yasasisa

画像はイメージ フリー画像です
(親子共々メリットがあります)



自主的にというのも大きな意味があります。


「テント」の中というのは、
家の中にあって家の中ではありません。

ある意味一つの部屋や空間です。

そこで自身と向き合うことが出来て、落ち着きを取り戻したのです。


これは子供に限ったことではなく、
大人にも効果があります。

程よい大きさにも心地よさがあるのです。


大変な時期の家族を救った、母親の「アイデア賞」です。


hirameki

画像はイメージ フリー画像です
(ナイスアイデアです)



「抑制」されることの「悪循環」


「抑制」状態が続くと人はどうなっていくのでしょう。


天候などで週末の予定が流れてしまう事もあります。

「週末台風」

という言葉もだいぶ定着しています。


taihuu1

画像はイメージ フリー画像です
(「台風」の多い国…日本)



外出の自粛や予定の変更などで、
子どもたちや親の心身には変化が起こってきます。


子供 ⇒ 遊びたい、出かけたい
親  ⇒ 今日は我慢して

(これが数日~数週続くとします)

子供 ⇒ また?遊びたい
     続けば騒ぎ出す、泣き出す
親  ⇒ なだめる
     続けば怒り出す

子供 ⇒ 更に騒ぐ又は泣く
親  ⇒ 更に怒る又は自己嫌悪


hekomujosei

画像はイメージ フリー画像です
(精神衛生上よくありません)



まさに「悪循環」です。


母親又は父親が「リモートワーク」をしている状況であれば、
仕事の効率にも関わる重要なことです。



気分転換になる「おうちキャンプ」


「おうちキャンプ」


には取り立て決まりもありません。


普段「アウトドア」で使用する道具を用いて、
家の中で「キャンプ」の疑似体験をするわけです。


outikyanpu1

画像はイメージ フリー画像です
(非日常空間で産まれる会話も多い)



お家であえて「お弁当」を食べるのも良いでしょう。


・レジャーシートを広げる
・人工芝風のラグを使用する
・小鳥のさえずりなどの音楽をかける
・焚き火の映像を見る
・家庭用プラネタリウムを使用する


など様々な方法があります。


takibi

画像はイメージ フリー画像です
(焚き火は画像などで見る)



昨今のテレビはインターネットに接続できるものがほとんどです。


Wi-Fi環境などが整っていれば、

・小鳥のさえずり
・川のせせらぎ
・焚き火のゆらめき
・星座のうつろい

などを大画面で見ることも可能です。


kawanoseseragi

画像はイメージ フリー画像です
(たくさんのヒーリング系動画が存在する)



照明を通常照明から「ランタン」などに変更するのもおすすめ。

あえて「非日常感」を演出しましょう。


rantan

画像はイメージ フリー画像です
(安全性を考え「LEDランタン」などがよいでしょう)



「ベランピング」もあり…非日常が気分転換になる


大きなベランダがある家庭でしたら、

「ベランピング」

もおすすめです。


tyearing5

画像はイメージ フリー画像です
(「アウトドアチェアー」をベランダに)



ベランダで「キャンピング」 ⇒ 「ベランピング」

です。


大人の方も、「テント」やベランダで読書など、
良い気分転換に繋がります。

「非日常空間」

を楽しむことが何より大切です。


genkijosei

画像はイメージ フリー画像です
(「非日常空間」の充電です)



※ご注意

「お家キャンプ」や「ベランピング」をする際は、
必ずご近所の迷惑にならないことを前提にしましょう
騒音問題は多発しており大きな問題になりかねません…必ずご配慮を!




outikyanpu

画像はイメージ フリー画像です
(「観葉植物」などをうまく用いた例)



親の目が届く所で、
安全に遊ばせる事ができる上に自身のストレス解消も出来る。

そんなアイデアです。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2024.6 加筆修正)




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


X(ツイッター)のんびり更新中です