横浜の「ソウルフード」です



こんにちは(๑´ڡ`๑)
四つ葉のくまさんことよつくまです🍜
本日もよろしくお願いいたします。


「サンマーメン」


という中華料理のメニューをご存知でしょうか?


matityuuka

画像はイメージ フリー画像です
(「町中華」はちょっとしたブームになっている)



いわゆる「町中華」はもちろん、
特に神奈川県ではメジャーなメニューとなっています。

時々、魚の「サンマ」が関係しているのかと思う方もいるようです。


本日は横浜の「ソウルフード」である、

「サンマーメン」についてのお話です。


sannma-men

画像はイメージ フリー画像です
(「とろみ」とシャキッとした野菜が特徴的)



「サンマ」は使用していません


【サンマーメンとは?】


醤油味がベースのスープに、

・もやし
・白菜
・きくらげ

などの「あんかけ」が乗った「とろみ」のあるラーメンの一つです。


sannma-men1

画像はイメージ フリー画像です
(具材は店により異なります)



もちろんながら、

魚の「サンマ」が乗ったラーメンではありません。


sanma

画像はイメージ フリー画像です
(「サンマ」の乗った麺料理ではない)



その歴史はなかなか古く、

横浜市中区の中華料理店にて、
昭和22から23年頃から提供されたとされています。

およそ60年ほどの歴史があるのです。


tyuukamakanai

画像はイメージ フリー画像です
(中華店における「まかない」のイメージ)



元々は「肉そば」と呼ばれる、
肉をふんだんに用いた料理がベースとされています。


価格の安い野菜類を用いて、

従業員たちの「まかない」として食されていたものが、
徐々に商品化され広がっていったとされています。


「あんかけ」


のためにボリュームが有り、
スタミナがついたり、温まったりすることで人気となりました。




「サンマーメン」の由来


諸説ある「サンマーメン」の由来ですが、
一つの例をお話したいと思います。


tyuukagai

画像はイメージ フリー画像です
(有名な「横浜中華街」のイメージ)



「横浜中華街」では、
戦前から「ルースー麺」と言われる「肉そば」が人気でした。

しかし高価なものであったので、
従業員の「まかない」として「野菜あんかけそば」を食していたそうです。


yasaiankake

画像はイメージ フリー画像です
(「あんかけ」料理は中華の定番でもある)



「サンマーメン」を漢字で書くと「生馬麺」となります。

「生」(サン) ⇒ 新鮮な、シャキッとした
「馬」(マー) ⇒ 上に乗せる

これを合わせると「サンマー」+「麺」と言うわけです。


この読みは「広東語」であり、
調理方法としても「広東料理」に属しています。


hukahire

画像はイメージ フリー画像です
(「フカヒレ煮込み」も「広東料理」)



やや甘めの醤油ベースの味付けが特徴です。


つまり新鮮な野菜や肉をサッと炒めて、
しゃきしゃき感のある具を麺の上に乗せることから命名されたとされます。


「馬」の漢字を「碼」としているお店もあります。


この場合「碼」は「港の埠頭」などを指す言葉です。

余り料理と関係しているとは思えませんが、
横浜には「埠頭」が多い事を考えると無意味とも思えません。


hutou

画像はイメージ フリー画像です
(横浜には「埠頭」も多く存在する)



「横浜中華街」の立地や「埠頭」の多い土地柄から、

「碼」の文字を当てたとしても不思議はありません。



「サンマーメン」の定義はあるのか?


横浜では様々なお店で提供されている「サンマーメン」

その定義はあるのでしょうか?


sannma-men2

画像はイメージ フリー画像です
(「とろみ」があり冷めにくい)



実は確定された定義は存在しないとのことです。


「広東料理」に端を発しているお料理なので、
基本は「醤油ベース」です。

最近では「塩ベース」の「サンマーメン」もあるようです。


siosannma-men



画像はイメージ フリー画像です
(「塩ベース」の「サンマーメン」もある)



しかしながら、
ある程度の基本は守られているようです。


・肉ともやし、白菜を使用する
・野菜はシャキッと手早く炒める
・必ず「とろみ」をつけてコクをつける


などです。


「サンマーメン」に用いる野菜は大体決まっています。


白 ⇒ もやし、白菜
黒 ⇒ きくらげ
赤 ⇒ 人参
黃 ⇒ たけのこ
緑 ⇒ 青菜、ニラ


moyasi

画像はイメージ フリー画像です
(特に「もやし」は欠かせません)



「もやし」はシャキッとした味わいを出すのに、
欠かせない食材となっています。



ちなみに、

「もやしそば」

という料理もありますが、こちらは別メニューとなります。


両者の違いは、

とろみを付ける  ⇒ サンマーメン
とろみを付けない ⇒ もやしそば

というのが基本のようです。


一部の店舗では混同されているようです。


moyasisoba

画像はイメージ フリー画像です
(「もやしそば」の一例)



横浜の「ソウルフード」広く食される


現在では横浜市だけでなく、
神奈川県全域に広がっている「サンマーメン」

関東地方の一部店舗でも提供されているようです。


kanagawagurume


画像はイメージ フリー画像です
(中央下段に「サンマーメン」)



神奈川県の中華料理店組合では、
「サンマーメン」を県のご当地料理としてアピールしています。


不思議なことに小田急沿線より北側の地域、

・川崎市の一部
・相模原市
・厚木市

また小田原市などでは余り食べられていないとのこと。


スーパーなどの「ご当地カップ麺」などでも見ることができます。


sannma-mencap


画像はイメージ フリー画像です
(「凄麺」シリーズは高い完成度)



季節を問わず頂ける麺料理


当初は「まかない」であった「サンマーメン」

今では一般的なメニューとして知名度も上がっています。



sannma-menreitou



画像はイメージ フリー画像です
(「冷凍食品」でも販売されている)



暑い時期は「スタミナ補給」に、
寒い季節は「身体が温まる」麺料理として人気です。



近所の「町中華」でも「メニュー」にある場合があります。


発祥の地とされている、
横浜観光の際には頂いてみるのも一興です。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


X(ツイッター)のんびり更新中です