時に混同されますが「別物」です



こんにちはw(゚o゚)w 
四つ葉のくまさんことよつくまです☕
本日もよろしくお願いいたします。


コーヒーショップで何気に頼んでいる、

「カフェオレ」
「カフェラテ」

ですが、
共にコーヒーとミルクで作られています。


両者に違いはあるのでしょうか?


本日は素朴な疑問、

「カフェオレとカフェラテ」のお話です。


kaferate

画像はイメージ フリー画像です
(気にせず飲んでいるかもしれません)



「オレ」と「ラテ」に違いはあるのか?


どちらもコーヒーショップのメニューとして、
ごく当たり前に注文しています。

どちらかの名前しか無い場合もありますが、
あまり気にせず注文しているのでは無いでしょうか?


tyokotokohi

画像はイメージ フリー画像です
(ブレイクに欠かせません)



「両者の違いを明確に説明して下さい」


と言われた時はどうでしょう?


かなり多くの方が戸惑うのではないかと思います。


coffeeshop

画像はイメージ フリー画像です
(何気に注文していますが)



実は両者にには明確な違いがあります。


飲み比べてみれば味わいも違うのです。

それぞれの特徴について見ていきましょう。


cafe1

画像はイメージ フリー画像です
(ほっと一時…温かい飲み物が嬉しい)



「カフェオレ」とは?


【カフェオレ】


ドリップコーヒーに、ミルクを加えたもの。
語源はフランス語の「café au lait(カフェ・オ・レ)」


kafeore

画像はイメージ フリー画像です
(「カフェオレ」のイメージ)



ドリップコーヒーには浅煎りの豆を使用することが多いです。

その為に、苦味が少なくマイルドな仕上がりになります。


kafeore1

画像はイメージ フリー画像です
(「カフェオレ」の作成イメージ)



比率も決まっており、

ドリップコーヒー 1
ミルク      1

比率は「1:1」とされています。


つまりコーヒーとミルクが半々ということです。


dorippu

画像はイメージ フリー画像です
(「ドリップコーヒー」のイメージ)



コーヒーは「ドリップコーヒー」を用いる事も、
大きな特徴の一つです。


「カフェオレ」は、
語源の通り「フランス語」になります。


「カフェオレボウル」という専用の器で提供される場合もあります。


kafeorebouru

画像はイメージ フリー画像です
(大きめの「カフェオレボウル」)



「カフェラテ」とは?


【カフェラテ】


エスプレッソに、ミルクを加えたもの。
語源はイタリア語を基にする造語の「Caffè Latte(カフェ・ラッテ)」


kaferate

画像はイメージ フリー画像です
(「カフェラテ」のイメージ)



エスプレッソには深煎りの豆を使用することが多いです。

その為に、苦味が強めの仕上がりになります。


kaferate1

画像はイメージ フリー画像です
(「カフェラテ」の作成イメージ)



同様に比率も決まっており、

エスプレッソ 1
ミルク    4

比率は「1:4」とされています。


エスプレッソは苦味が強いので。
この比率でも味わいは「カフェラテ」のほうが苦目になります。


esupurssomasin

画像はイメージ フリー画像です
(「エスプレッソ」抽出のイメージ)



コーヒーは「エスプレッソ」を使用します。

「エスプレッソ」とは、
専用のマシンを使い、高い圧力をかけてコーヒー粉に熱湯を通して抽出します。

苦味が強く濃厚な仕上がりです。



「カフェラテ」は、
語源の通り「イタリア語」になります。



日本語に訳すと


「カフェオレ」
「カフェラテ」

共に日本語に訳すと、

「ミルク入りコーヒー」

となります。


kohi

画像はイメージ フリー画像です
(両者は似ていますが「別物」です)



しかしながら、


・国
・味わい
・作成方法
・豆の焙煎



kohimame

画像はイメージ フリー画像です
(豆の焙煎から違う両者)



両者には明確な違いがあります。


よく聞く勘違いに、

「泡立っているかどうか」

というのがりますが、
それはお店のミルクの温め方によるもので、
明確な違いではありません。


suti-mumiruku

画像はイメージ フリー画像です
(「スチーマー」で温めれば泡が出来る)



違いを知った上で飲み比べてみるのも…


メニューにどちらかしか無い場合。
両方ともある場合。

お店により様々です。


cafe

画像はイメージ フリー画像です
(おしゃれなカフェのイメージ)



ちなみに、

「カプチーノ」

はエスプレッソに温めたミルクを注ぐのですが、
しっかりと泡立てた「フォームドミルク」を用います。


kaputi-no

画像はイメージ フリー画像です
(「カプチーノ」は厚い「ミルクの層」が出来る)



両者は明確な違いがあり、
味わいも異なります。

わかった上で飲み比べて見るのも良いでしょう。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


X(ツイッター)のんびり更新中です