じゃがいもはスーパーで売っているのに…?


こんにちは(´ε`;)
四つ葉のくまさんことよつくまです🍟
本日もよろしくお願いいたします。


「大手ハンバーガーチェーンでフライドポテトの販売休止」


普段当たり前に食べていたものが食べられない…
このインパクトは思ったより大きかったようです。

未だに供給が安定せずチェーンによってはまだ続いております。

今日はそんなじゃがいもにまつわるお話です。

huraidopoteto

画像はイメージ フリー画像です
(みんな大好きフライドポテト)



フライドポテト供給不足の原因とは?


フライドポテトが供給不足…
今まで聞いたことがありません。

普段それほどファストフードを利用しない方でも、

え?と思ったのでは無いでしょうか?

huraidopoteto1

画像はイメージ フリー画像です
(ファミレスや居酒屋でもおなじみです)


じゃがいも自体が無い…又は極端に高い。

のであれば比較的理由がわかりやすいです。

日本にはじゃがいもの一大産地である北海道があります。
国産に切り替えたら良いのではないか?
素人考えではそう思ってしまいます。

スーパーでじゃがいもも買うことが出来る。
冷食のプライドポテトも買える。

何故に外食チェーンでは難しいのでしょうか?


ここでは3つのポイントで見ていきます。


産地に置ける物流の滞り 


①物流の滞りとコンテナ不足


最も影響が大きいのが輸入に頼っている北米のポテトが入ってこない事です。

特に外食チェーンなどが使用しているのは北米産の冷凍ポテトです。
この供給が滞る事で品不足になります。

kontena

画像はイメージ フリー画像です
(食料物資を運ぶコンテナ船)


諸外国はコロナ禍に置ける対策として、

「ロックダウン(都市閉鎖)」

を行いました。

これにより物流が滞り、荷が動かせない状況に陥りました。


現在はワクチン接種が進み徐々に解消されてきています。
しかし一度完全に止めてしまえば、
通常の流れに戻すまでは大変時間がかかります。

これに拍車を掛けているのが中国における大規模ロックダウンです。

実は荷を運ぶためのコンテナはほぼと言っていいほど中国製なのです。

その為に世界的なコンテナ不足が起こりました。
これは暫く続くと見られます。

kontena1

画像はイメージ フリー画像です
(荷を運ぶコンテナが足りない…)


北米から輸入されるポテトは加工されたものを冷凍状態で運ぶ、
少し特殊なコンテナです。

より数の確保が難しいことは容易に想像できます。


他の品も…
バナナなども一時品薄になりました。



北米における記録的な水害


②北米における水害と港が使えない状況


2021北米において記録的な水害が発生しました。
これにより農産物の被害がかなり発生しました。

大手ハンバーガーチェーンが販売を停止した際は、
水害により港が使用できないことも報告されています。

kanadakouzui

画像はイメージ フリー画像です
(地球規模の災害が発生しています)


非常事態宣言が出るほどの大災害でした。

大動脈とも言える高速道路や鉄道網が共に寸断。
完全に往来を絶たれた状態です。

被害額最大75億米ドルと言います…もう想像がつかない災害です。

家畜60万頭
農作物の被害も甚大

コロナ禍に発生した未曾有の災害でした。



じゃがいもを国産に切り替えられない理由


③日本とは違う種類のじゃがいもを使用している


日本でおなじみのじゃがいもは数あれど…
馴染みの深いものは男爵いもという品種です。

danshakuimo

画像はイメージ フリー画像です
(おなじみの男爵いも)


丸っこくておなじみのじゃがいもです。
他にはメークインなどの細長いものもあります。

ただこれらは大きくても「げんこつ大」でしょうか…。

この品種の違いがポテト不足の原因の一つです。


主に北米で作られているじゃがいもの品種が、

「ラセットバーバンク」

という品種です。

rasettoimo

画像はイメージ フリー画像です
(とても大きく長いのが特徴)


日本の男爵いもはフライドポテトには加工しにくいのです。

バーガーチェーンのフライドポテトはとても長い時があります。
この種類のじゃがいもは最大で30センチにもなる時があるそうです。

日本でこのじゃがいもの種芋を育てたとしても、
気候の関係上大きくは成長しないのだそうです。

じゃがいもの種類から違う事も要因の一つだったのです。

アメリカなどではフライドポテトの他、
ベークドポテトなどに使用するのがポピュラーだそうです。



外食チェーンでは仕入先を変更することが難しい


3つのポイントを記載してきましたが、
ナチュラルカットポテトならサイズは関係ないのでは?

と思う方もおられるかと思います。

自営の居酒屋などで手作りフライドポテトを作るならそれで良いのです。

famiresu

画像はイメージ フリー画像です
(外食チェーン店のイメージ)


例えば大手ハンバガーチェーンの元はアメリカです。

そのポテトを国産に切り替えて、
形もナチュラルカットに切り替えます…。

これは通用しないです。


外食チェーンは仕入先を変更することは簡単ではないのです。


・長引くコロナ禍
・中国における大規模ロックダウン
・続く原油高
・円安ドル高

etc…


このような世界情勢が身近なものに反映されたのが、

令和のフライドポテト騒動と言えるのです。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です