「英国王太子」の来日も…ヒットの秘密



こんにちは(*´∇`*)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


お子様ランチの年齢制限…なければいいのに…。

などと思うことがあります。

魅力的な組み合わせ。
洋食のいいところを凝縮した究極のメニュー?
言いすぎかもしれませんが。

大人様ランチ

画像はいつかのハンバーグエビフライ定食
(美味しいものを組み合わせたらこうなる)



年齢制限のある特別メニュー


「お子様ランチ」

まず響きがレトロ感があります。

「お子様定食」
「お子様セット」

ではだめなのです。

okosama

画像はイメージ フリー画像です
(最近はファミリーレストランでも)


大体の場合、
注文には年齢制限があります。

ちなみにいつのタイミングで食べても「ランチ」です。

これもちょっと珍しいかもしれないメニューです。


誰しもデパートなどのレストラン街で一度は目にしたことがあるでしょう。
そしてクリームソーダーと共に残り続けて来ました。

kurimsoda

画像はイメージ フリー画像です
(昭和レトロ復活でおしゃれになりました)



「お子様ランチ」の歴史


「お子様ランチ」は日本橋三越の大食堂が発祥と言われています。

1930(昭和5年)というので驚きです。

「御子様洋食」

という名前で販売されました。

okosama1

画像はイメージ フリー画像です
(新幹線がメジャーでしょうか)


お値段は当時の価格で30銭でした。

明治の値段でうどん一杯が1銭であったことを考えると、
相当高価なものであったのでしょう。

いわゆるあこがれの食べ物です。



なぜ旗が刺さっているのか?


もともと「お子様ランチ」は、

「子供に夢や明るさを提供したい」

という思いから誕生しました。


翌年の1931年に、
上野松坂屋にて改良が加えられました。

okosama2

画像はイメージ フリー画像です
(旗があってのお子様ランチ)


メニューの見直しが行われました。

当時訪れた英国王太子来日の旗をヒントに、
徐々に人気が出ていったとのことです。


国際的な王太子の来日といったビックイベント。

動物園やお花見帰りの子供連れが多い立地。


ueno

画像はイメージ フリー画像です
(子連れが多い上野のイメージ)


更にはグリコのおまけからヒントを得たという、

「おもちゃのおまけ」

こちらを経て大ヒット商品になっていきました。


gurikonoomake

画像はイメージ フリー画像です
(グリコのおまけにはプレミアもついているとか…)


ただ爆発的ヒットをするまでは30年かかりました。

1960年代のウルトラマンブームで、
ウルトラマンのおまけを付けたことで火が付きました。

ちなみに旗をケチャップライスの上に刺すことは、
登山家が登頂成功時に山頂に旗を刺すことから着想を得ているとのこと。


santyou

画像はイメージ フリー画像です
(登頂成功を伝える…登頂旗)



愛すべき外食文化


いま昭和レトロが復刻しています。

・クリームソーダー
・硬めのプリン
・純喫茶

etc…

テーマパークにも昭和エリアが出来るほどです。


shouwaretoro

画像はイメージ フリー画像です
(「昭和レトロ」を再現したパークのイメージ)


「お子様ランチ」

もその一つです。

世代を超えて、共感できるからこそ、
形を変えながら残り続けているのでしょう。


レストランによっては、
おまけなしで…年齢制限外でも注文を受けてくれるお店もあります。

そっと頼んで見るのもいいかもしれません。
量も程よく色々食べられるメニューです。


「昭和レトロ」
「平成レトロ」
「大正レトロ」


など…しばらくレトロブームは続くのかもしれません。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2023.2 加筆修正)




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です