「目」は一般的…「眼」は専門分野?



こんにちは( -д-)ノ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


同じ読みをする漢字でも、
シチュエーションによって使い分けをする場合があります。

つまり、

・場面
・立場
・境遇

などによる使い分けです。


本日は「目」と「眼」についてお話したいと思います。


BlogPaint

画像はイメージ フリー画像です
(美しいブルーの猫の目)



時に戸惑うケースもある


同じ読みをするのだけれど、
漢字が複数存在する場合があります。

その場合どの漢字を当てはめるかを選択することになります。


sumaho1

画像はイメージ フリー画像です
(今や変換はスマホまかせ…)


日本人でも迷うケースがあるのです。

外国人の方に説明出来るでしょうか?


setumei

画像はイメージ フリー画像です
(いつそういう時が訪れるかわからない)


本日は、

「目」と「眼」の使い分けについて、

考えていきたいと思います。



「目」は極めて一般的


【「目」を使うケース】


極めて一般的に使用する。
人体の視覚器官としての意味だけでなく、
日常的に広い意味で用いられる。

・魚の目
・台風の目
・痛い目を見る
・ひいき目に見る

etc…


taihunome

画像はイメージ フリー画像です
(人体以外でも使う「目」)


基本的には「目」を当てるケースが多いです。

もちろん人体の器官としての「目」という使い方もします。


me

画像はイメージ フリー画像です
(「目がきれい」とも使う)


大体のケースはこちらの漢字を使う事で問題はなさそうです。



「眼」は限定的…専門分野などに用いる


【「眼」を使うケース】


医学的分野や生物学的分野など、
専門分野で用いられるケースが多い。

反対にそれ以外ではあまり使用しない。

・眼鏡

など医療機器に用いる。
「目鏡」という使い方はしない。


megane

画像はイメージ フリー画像です
(「眼鏡」は医療機器になる)


「眼」はどちらかと言うと「がん」と読むケースが多いようです。

・眼科
・眼球
・眼帯
・眼圧

etc…


ganka

画像はイメージ フリー画像です
(「眼科医」による検診)


医療分野など専門分野において、
「眼」の文字を使った単語が多く存在します。



意図的に「眼」を使うケースも存在する


ここに一例を挙げます。

「専門家のから見てどうですか?」

この場合はどちらを当てるでしょう。


kagakusha1

画像はイメージ フリー画像です
(特定分野のエキスパートのイメージ)


この場合は広い意味を持つ「目」を使って、

「専門家の目」

で問題ありません。


しかしながらあえて「眼」を使用する場合もあるのです。

「科学的な洞察の眼」

などが挙げられます。


kagakusha

画像はイメージ フリー画像です
(科学的根拠の「眼」から答えを導く)


より専門分野に傾いたケースでは「眼」を使うことが多いのです。

これは意図的に「眼」を用いることで、
より専門的な話である事を表現しているのです。

あえて使用する事で強調表現になるわけです。



漢字一文字で「意味」を表現する難解さ


日本語は難しいとよく言われます。

確かに日本人ですら説明が難しい事を、
正確に教えたり伝えるのはもっと難しいです。


howai

画像はイメージ フリー画像です
(人に説明することは簡単ではない)


一般的には「目」を使用する。
医療および専門分野には「眼」を使うというのが無難な所でしょう。


ちなみに英訳すれば、どちらの漢字も…

「eye」

になります。



また機会があれば一緒に勉強していきましょう。





よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です