野鳥・小鳥 : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

カテゴリ:生活・暮らし > 野鳥・小鳥



地面を歩いて尾を「フリフリ」 愛らしい野鳥



こんにちは(・∀・)つ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。


身近にいるのだけれど、
余り生態を知らない野鳥もおります。


yatyou4


画像はイメージ フリー画像です
(身近な割に知らないことも多い)



野鳥とは?

野鳥(やちょう)とは、家禽やペットなどの人に飼われるものを除いた鳥の総称。

(ウィキペディアより)



身近な野鳥について詳しくなりましょう。
意外と近くに住んでいるのです。

その鳴き声や生態などを書いていこうと思います。



本日の野鳥は「ハクセキレイ」です。


bird hakusekirei

画像はイメージ フリー画像です
(地面を素早く移動…ストップ…移動)



「公園」や「駐車場」など「開けた場所」が大好き


黒い背中に白いお腹。
顔は白くて尾が長めです。

一番の特徴は「ウォーキング」です。


hakusekirei

画像はイメージ フリー画像です
(地上では「ウォーキング」する野鳥です)



少し歩いて、
ピタッと止まって…「尾を上下に振ります」


擬音で表現するならば、

「とととと…ピタ…フリフリ…とととと…ピタ…フリフリ」

といった感じです。


hakusekirei

画像はイメージ フリー画像です
(時々ピタッと止まります)



この動きを見かけたたら「ハクセキレイ」の可能性が高いです。


性質上「開けた場所」が好きなので、


・公園の芝生
・駐車場などの片隅
・駅前の広場
・河原の土手


kouensibahu

画像はイメージ フリー画像です
(公園の他、駐車場などでもよく見かけます)



そのような場所で「尾を上下に振る」野鳥がいたら、

「ハクセキレイ」の可能性が高いです。



地上での野鳥の行動は、

「スズメ」などに見られる「ホッピング」
「ハクセキレイ」などに見られる「ウォーキング」

に分かれます。


「カラス」などはその両方を使い分けます。



地上では鳴かず飛行中に鳴く


「ハクセキレイ」は地面にいるときはあまり鳴きません。

飛行中に鳴くことが多いです。


波型に飛びながら、

「チチッツ~チチッツ~チチッツ」

と動きに合わせて鳴きます。


hakusekirei2

画像はイメージ フリー画像です
(「ハクセキレイ」の「波状飛行」)



比較的よく通る濁らない声で鳴くので、
空を見上げれば気がつくでしょう。



【波状飛行とは?】


鳥の飛び方の一種で上下に波を描くように飛ぶ飛行方法です。

上写真のように波の下りでは羽をたたんでおり、
滑空による飛行を行います。

一説にはエネルギーを節約していると言わています。

「ヒヨドリ」なども「波状飛行」です。

namigata


画像はイメージ フリー画像です
(「波型」のイメージ 上下に揺れながら飛行する)



反対に上下に揺れずにまっすぐに飛ぶのは「直線飛行」と呼びます。

「カワラバト」や「ムクドリ」などは、
上下に揺れない「直線飛行」です。


飛んでいる野鳥を見分ける際の指標になります。


mukudori

画像はイメージ フリー画像です
(「ムクドリ」の「直線飛行」)



歩きながら食事をする「食べ歩き」スタイル


【ハクセキレイの生態】


一番の特徴は「ウォーキング」です。


とはいっても歩く速度はかなり速いです。


sekirei

画像はイメージ フリー画像です
(相当のスピードで歩行します)



一説によると野鳥も飛行にはエネルギーを多く使うので、

「飛ばないで済むのならあえて飛ばない」

種も多いのだそうです。


歩きながら地面の虫などを捕食しています。


hakusekirei1

画像はイメージ フリー画像です
(「ハクセキレイ」自慢の脚です)



比較的警戒心が弱い野鳥と言われています。


一部人の餌やりでなついた(ように見える)個体もいるようです。


公園など通常の個体は人に近づき過ぎず、
一定の距離をとって歩いているように見えます。


また特徴的なのは比較的単体で行動しています。

大きな群れでなく単体または少数で歩く姿が見かけられます。



「ハクセキレイ」は「都心部」の成功者?


「ハクセキレイ」はセキレイ属の成功者と例えられます。

「都心部」への進出に成功した為です。
個体数もそれなりにいると思われます。

極稀に「都心部」でも他のセキレイを見ることがあります。


◆顔の黒い「セグロセキレイ」


segurosekirei

画像はイメージ フリー画像です
(「セグロセキレイ」は水辺に多い)



通常は山林の河川など水辺に多いセキレイです。



◆黄色の強い「キセキレイ」


kisekirei

画像はイメージ フリー画像です
(夏の山林などに多い「キセキレイ」)



夏の山林などで見かけるケースが多いです。


どちらも「都心部」で見かける事は稀です。


「都心部」で見かけた際はかなり幸運だと思ってよいでしょう。


但し、今後その分布地図は何らかの影響により常に変化します。

現状では「ハクセキレイ」が「都心部」への進出に、
最も成功した「セキレイの仲間」ということになります。



人と野鳥の「ソーシャルディスタンス」


上述の通り餌をあげて人になついた個体もいるようです。


餌やりが当たり前となってしまった個体の子供は人の餌を頼りにします。
これはいわゆる「第二世代」という状況です。

つまり本来の餌場での狩りを忘れて、
そこに行けば餌がもらえるという思考になっています。


tobi

画像はイメージ フリー画像です
(「鳶」の鳥害を促す注意喚起)



近年問題視されている
「鳶(トビ)」などの観光地に置ける被害。

これは最たるものと言えるでしょう。


人の食事は野鳥にとって必ずしも良いものではありません。
また警戒を忘れた野鳥は交通事故によって命を落とすこともあるのです。


野鳥への餌やりは基本行わないの原則です。


mikantomeziro

画像はイメージ フリー画像です
(庭に置かれた「みかん」を食べる「メジロ」)



但し冬季など餌が不足する時期に、
然るべき方法で庭木に餌を吊るす又は置く方法があります。


人と野鳥はお互いを尊重しつつも、別に暮らすことが肝要です。



※野鳥の餌やりについて

様々な文献が発表されており正解が出ていない問題です。
ここでは一定の距離を保つ事を前提に記載しています。




出会ったらそっと見守って


公園の芝生などで休んでいる時に、
ふと出会えると嬉しい野鳥です。

追いかけたりせずそっと見守りましょう。


hakusekirei1

画像はイメージ フリー画像です
(相手は「お食事」の最中かもしれません)



都心部でも見られる野鳥たちはまだたくさんいます。
機会があればまたご紹介します。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2024.4 加筆修正)




『参考文献』
野鳥観察ハンディ図鑑「新・山野の鳥」改訂版
見る読むわかる野鳥図鑑




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです





※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


X(ツイッター)のんびり更新中です





  



誰もが知る「最も身近」な野鳥



こんにちは(*´∇`*)
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。


身近にいるのだけれど、
余り生態を知らない野鳥もおります。


saezuri

画像はイメージ フリー画像です
(これほど人に近い「野生生物」は少ない)



野鳥とは?

野鳥(やちょう)とは、家禽やペットなどの人に飼われるものを除いた鳥の総称。

(ウィキペディアより)



身近な野鳥について詳しくなりましょう。
意外と近くに住んでいるのです。

その鳴き声や生態などを書いていこうと思います。



本日の野鳥は「スズメ」です。


bird suzume

画像はイメージ フリー画像です
(小さな隣人である「スズメ」)



誰もが知る「最も身近」な野鳥


おそらく一番有名な野鳥と言えないでしょうか?
※鳩を除く(別途記載)


小さく跳ねながら地面を飛ぶ姿はとても愛らしいです。
両足を揃えてピョンピョンと跳ねながら移動する事を、

「ホッピング」

と言います。


suzume

画像はイメージ フリー画像です
(「スズメ」は地上で歩かずに跳ねます)




茶色い身体に白いお腹
黒い頬が特徴の野鳥です。


suzume2

画像はイメージ フリー画像です
(「スズメ」は「群れ」で行動します)



一説によればこの頬の模様がはっきりしている「スズメ」は、
異性にもてるのだそうです。


suzume1

画像はイメージ フリー画像です
(背中の模様は個体差があります)



「スズメ」は人間と共存を選んだ野鳥でもあります。

人家がないところでは見かけないのです。



晴れた日によく聴こえる「チュンチュン」


誰もが知っているくらい有名です。


「スズメ」といえば、

「チュン」
「チュンチュン」

が一番有名ですが、他の鳴き方もたくさんあります。


suzume3

画像はイメージ フリー画像です
(晴れた日によく聴こえる「スズメ」の声)



仲間とのコミュニケーションの際に使う、


地鳴き(じなき)では様々なパターンがあります。

「ジジ」
「ピッ」

など短く鳴きます。


suzume2

画像はイメージ フリー画像です
(何を話しているのでしょうか?)



天気がよく暖かい日には元気にさえずることが多く、

晴れの「天気俚諺(てんきりげん)」にもなっています。



実はこれは求愛と言われています。

「スズメ」は朝起きて、
気象条件など余裕があるときは「婚活」をするのです。

暖かい日というのもうなずけます。


suzume3

画像はイメージ フリー画像です
(野鳥たちも朝の挨拶をするのです)



もちろん仲間との挨拶の意味合いもあります。


朝によくさえずる野鳥が多いのは、

「また会えましたね」
「会えて嬉しいです」

という表現だという説もあります。



きれい好きで「砂浴び」も「水浴び」も大好き


【スズメの生態】


「スズメ」は「草の種」が大好きです。

空き地などでよく見かけるのは、
植物の種子が落ちているのを食べているのです。

また桜のシーズンなどは「メジロ」に混ざって桜をつついています。


suzume4

画像はイメージ フリー画像です
(桜をついばむ「スズメ」)



これは「花の蜜」を食べるためと言われています。

「スズメ」は器用なくちばしをしていないために、
蜜を食べるために花の根元をかじります。


そのため花ごとたくさんの桜が散っていたら、
「スズメ」や「ヒヨドリ」の仕業かもしれません。


また身体を清潔に保つために「砂浴び」「水浴び」をします。


「スズメ」は「砂浴び」も大好きです。


公園の砂地などにある「くぼみ」を取り合っている姿は微笑ましいです。


suzume

画像はイメージ フリー画像です
(「砂浴び」中の「スズメ」)



暖かい日は「水浴び」もよく見られます。


suzume1

画像はイメージ フリー画像です
(「スズメ」の「水浴び」)



ごく浅い水が溜まった場所で、
気持ちよさそうに「水浴び」をしています。


砂浴び ⇒ 身体に付いた虫などを落とす
水浴び ⇒ 身体を清潔に保つ


どちらも野鳥にとって必要な行動です。



「鳩」が「最も身近」ではないのか?


一般的には「鳩」は野鳥に分類しません

鳩 ⇒ カワラバト(ドバト)

は、元々レース用に飼育していたものが逃げ出して定着した「外来種」なのです。


hato

画像はイメージ フリー画像です
(「足輪」がついているものは何らかの管理がされている)



・元々飼育下であった事
・「外来種」である事


から「最も身近」な野鳥としては「スズメ」という事になります。


「キジバト」などは野鳥として分類されます。


bird kizibato

画像はイメージ フリー画像です
(「ヤマバト」とも呼ばれる「キジバト」)



減少傾向にある「スズメ」の数


公園に行ったりするといつも見かける印象の「スズメ」ですが、
生息数は減少傾向にあると言われています。


主な理由としては、
巣を作るのに適した日本家屋の減少と言われています。


suzume5

画像はイメージ フリー画像です
(電柱からスズメが出てくるのは巣があるから)



しかし最近では電柱の電気整備のボックスなどに営巣し、
たくましく生きています。


「ものさし鳥」としても役に立ちます。


suzumesiruetto

画像はイメージ フリー画像です
(「スズメ」位の大きさという「指標」になる)



「スズメ」くらいの大きさという大きさの指標になる野鳥です。


これから「スズメ」を見かけたら、
その愛らしさとはかけ離れたたくましさを見習いたいものです。



都心部でも見られる野鳥たちはまだたくさんいます。
機会があればまたご紹介します。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2024.4 加筆修正)



『参考文献』
野鳥観察ハンディ図鑑「新・山野の鳥」改訂版
見る読むわかる野鳥図鑑




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです





※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


X(ツイッター)のんびり更新中です






  



人との共存を選んだ野鳥「燕尾服」でおなじみ



こんにちは.。゚+.(・∀・)゚+.゚
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。


よく知る野鳥もいれば、
余り生態を知らない野鳥もおります。


yatyoutati3


画像はイメージ フリー画像です
(最も身近な「野生生物」の一つです)



野鳥とは?

野鳥(やちょう)とは、家禽やペットなどの人に飼われるものを除いた鳥の総称。

(ウィキペディアより)



身近な野鳥について詳しくなりましょう。
意外と近くに住んでいるのです。

その鳴き声や生態などを書いていこうと思います。



本日の野鳥は「ツバメ」です。


bird tubame

画像はイメージ フリー画像です
(近年は数が減っており心配な野鳥です)



日本でも海外でも「幸運のシンボル」です


青みがかった身体にほっぺたの赤み。
長く伸びた尾が特徴的な美しい野鳥が「ツバメ」です。


夏鳥の代表とも言える野鳥です。
その飛ぶ姿は美しく、

「飛燕」

といえば「ツバメ」の飛ぶ姿をあらわす模様の事を言います。


tubame10


画像はイメージ フリー画像です
(長く伸びた尾が特徴です)



古くから人間の生活する場所に生息し、共存をしてきた野鳥です。

農耕民族である日本人にとって大切な野鳥でした。


tubame11

画像はイメージ フリー画像です
(田の害虫を駆除してくれる「ツバメ」)



初夏の害虫が発生する頃に飛来して、
害虫を駆除してくれます。

その年の「実り」を約束する幸運の鳥…それが「ツバメ」の本来の姿です。


もともと巣立ったところへ戻る性質があり、
同じ巣で再び子育てをします。


「無事に戻るように」と航海のお守りであったり、海外でも人気の野鳥です。


gareonsen

画像はイメージ フリー画像です
(昔の航海は帰れるかわからなかった)



船乗りたちは甲板から「ツバメ」が見えると、

陸地が近い事を悟り安心をしたと言われています。



初夏に聴こえる…早口なさえずり


「ツバメ」のさえずりはとても複雑。

かつ飛びながらさえずることが多いです。


「チュピチュピチュジクジクジー」


などと最後のほうがにごります。


tubame21

画像はイメージ フリー画像です
(空中を旋回しながらよく鳴いています)



たまに巣がある側の電線なに止まり、
話しかけているようにさえずることもあります。


tubame23

画像はイメージ フリー画像です
(ちょっと一休みの「ツバメ」)



「チュピチュピチュピジクジクジー」


などと繰り返してさえずっているのを見かけます。
ものすごく早口です。



またカラスなどが巣に近づくと果敢に追い払います。
その時も、かわいい声で怒っているのが印象的。

当の本人たちは命がけで頑張っているのですが…


殆どの時間を空中で過ごす野鳥です。



命がけの長距離の「渡り」と「帰巣本能」


【ツバメの生態】


長距離の「渡り」をする野鳥です。
日本には春先から初秋くらいまでの滞在で、その間に子育てをします。


tubame

画像はイメージ フリー画像です
(海上を命がけで飛行します)



「東南アジア」などから渡ってくることが知られていますが、
中には「オーストラリア」方面からの猛者も。

緊急回避時の飛行スピードは200キロと言われ、
ものすごいスピードで飛ぶことが出来ます。


餌を取るのも空中で虫を捉えます。
相当視力と運動能力に優れた野鳥であると言えます。


bird tubame1

画像はイメージ フリー画像です
(昨今は田園の軒下からガレージへ)



巣作りは昔から人の出入りのある場所。
今ではガレージなどが多いようです。


昔は、

「商家の軒下にツバメが営巣するとその商家は流行る」

と言われました。


tubame2

画像はイメージ フリー画像です
(基本的にオスメス関係なく子育てします)



つまり「人の出入りがある」人気のお店という意味です。



子育て中は餌を捕らえては雛に与えます。

オスメス関係なく育児をすることでも知られています。


その様子から、

「夫婦円満のシンボル」

でもあります。


kisouhonnou


画像はイメージ フリー画像です
(「帰巣本能」のイメージ)



「帰巣本能」の秘密ははっきりとは解明されていません。

産まれた巣で育った子供も、
その巣を目指して帰ってきます。


同じツバメが同じ巣を使用することあれば、
巣立った子供がリフォームして使用する事もあります。

世代が変わっても同じ場所に営巣するのです。



「燕尾服」は「ツバメ」の姿を模したもの


ご存知の通り正装である「燕尾服」は、
「ツバメ」の尾の形を模した物です。


これだけバックスタイルがよい野鳥も珍しいでしょう。
2つに割れた尾が長く伸びており、飛行時には美しく見えます。


tubame12

画像はイメージ フリー画像です
(「ツバメ」の後ろ姿)



男性の正装と言われる、

「燕尾服」

2つに割れた「ツバメ」の尾を模しており、
ダンスなどの服装に用いられる場合もあります。


enbihuku


画像はイメージ フリー画像です
(「燕尾服」のイメージ)



近年数を減らしている「ツバメ」


人の農耕生活も様変わりし、

都会の暮らしへと生活スタイルを変更してきました。

・水場の減少
・住宅の近代化
・土や泥などの減少
・鳥害として巣を撤去される

etc…


近年では「ツバメ」の数は激減していると言われています。


tubame15

画像はイメージ フリー画像です
(夫婦で協力する「ツバメ」)



他なならぬ人間に巣を壊されたりして、
行き場をなくすという悲しい現実があります。


日本野鳥の会の、

「ツバメを守ろう」プロジェクト

では「ツバメ」が営巣したときの汚されないアイデアなどが掲載されています。


よろしければこちらをご覧下さい⇩

日本野鳥の会「ツバメを守ろう」プロジェクト


tubame3

画像はイメージ フリー画像です
(画像クリックでも遷移します)



その一方で駅などで、
頑張って子育てをする個体も出てきています。


以前、観光地で有名な駅で、
「ツバメ」が子育てをしてる旨を告げる貼り紙が話題になりました。

またビニール傘でフンを抑えて、共存を目指す事も記事になりました。


tubame22

画像はイメージ フリー画像です
(共存する方法もあるはずです)



古くからの友人である「ツバメ」
「ツバメ」が何世代も世代交代しながら営巣する家もあります。


「おかえりなさい」


を伝えられる稀有な野鳥でもある「ツバメ」


共存することも可能だと思うのです。
温かい目で見守るのが肝要です。



都心部でも見られる野鳥たちはまだたくさんいます。
機会があればまたご紹介します。




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ
(2024.4 加筆修正)



『参考文献』
野鳥観察ハンディ図鑑「新・山野の鳥」改訂版
見る読むわかる野鳥図鑑




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです





※ご登録頂くと記事が更新された際にアプリで通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


X(ツイッター)のんびり更新中です





  

このページのトップヘ