アーティフィシャルフラワーについて : 四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

四つ葉のくまさんの癒しのお花、時々お料理日記

フェイクグリーン アーティフィシャルフラワーなら四つ葉のくまさん! ハンドメイドサイト minne(ミンネ)にて多くのインテリア雑貨を出品中です。 アレンジ リース スワッグ 壁飾り 手作りの花瓶など 新作を紹介しています。 気まぐれに今さら聞けないお料理ガイド 作り置き惣菜 簡単レシピなど。 自然や雑学 言葉や健康に関するお役立ち情報もお届けしています。 お気軽にご覧くださいませ˚*・.。 ꕤ

カテゴリ:minne > アーティフィシャルフラワーについて



一輪挿しからディスプレイまで…まさに「変幻自在」



こんにちは.。゚+.(・∀・)゚+.゚
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。


「アーティフィシャルフラワー」


一度は耳にしたことがあると思います。


インテリアとして愛でるために進化してきたお花たち。
その魅力を5つのポイントで説明して行きます。


本日は「アーティフィシャルフラワー…その魅力」についてです。

DSC_1295

画像はイメージ 生花の域に達しつつあるものも…
(画像クリックでギャラリーへ入れます)



「アーティフィシャルフラワー」の魅力とは何か?


「アーティフィシャルフラワー」

は愛でるために作られた高品質のお花です。


もちろん様々な魅力があります。

3627

画像はイメージ 高品質のラナンキュラス
(オランダ「Silk-ka」社製)



ここではわかりやすく、

「魅力」 ⇒ 「長所」

と置き換えて考えてみようと思います。



【アーティフィシャルフラワーの優れている所】

①美しい状態を長期間楽しめる
②お手入れが不要で枯れない
③置き場所・飾り方を選ばない
④好きな花種を通年飾れる
⑤生花に出来ないアレンジが可能


それぞれについて説明をして行きたいと思います。



a-thifisharu4

画像はイメージ フリー画像です
(マグカップと色合いを合わせた一例)



もっとも「美しい状態」を長期間楽しめる


「アーティフィシャルフラワー」は高品質の造花の一種です。

成長や新しい花芽などを楽しむことは叶いません。
しかしながら、お花が「美しい状態」を再現しているため、
その姿を長期間楽しむことが出来ます。

1795

画像はアーティフィシャルフラワー ブーケで楽しむ
(色味も自由に選ぶことが可能)


生花は徐々に花弁が開いていき、やがて散るという動きがあります。

「アーティフィシャルフラワー」にはその動きはありません。

その分最も「美しい状態」長期間楽しむことが出来ます。
これは充分魅力の一つと言えるでしょう。


生花よりも高価な「アーティフィシャルフラワー」はたくさんあります。
飾っておける期間が長いので、最終的には経済的になるとも言えます。

インテリアとしても有能です。

選べる花の種類もこのところはかなり多くなっています。

1069

画像は変わり種のアーティフィシャルフラワー
(ネイティブフラワーであるピンクッション)



基本お手入れが不要で「枯れない」


生花はもちろん一定のお手入れをして、美しい状態を保ちます。

・花柄を摘む
・剪定をする
・水の交換

「アーティフィシャルフラワー」おいては、これらが一切不要です。

5091

画像は壁飾りタイプのダリア
(美しい花色をお手入れ無しで楽しめます)


もちろん時々埃をはらうなどの基本的なことは行う必要があります。

しかし水の交換などは重く、
毎日の作業になることを考えると非常に楽です。

室温などの影響を受けないために、
夏季などの生花がもたない時期ほど有益になります。

同様に寒すぎる季節にも同じことが言えます。


「枯れない」お花である「アーティフィシャルフラワー」は、
時間に追われる現代人には向いていると言えます。



「生花NG」などでも…置き場所や飾り方を選ばない


水の必要な生花を電子機器の側に置くのは、事故の可能性があります。
もしも倒してしまったら…と考えてしまいます。

「アーティフィシャルフラワー」は水はもちろん土がこぼれることもありません。
その点では家電が随所にある、現代生活には適していると言えます。

1704

こちらも変わり種 ブラック系のアーティフィシャルフラワー
(テーブルにも安心して飾ることが出来ます)


また「生花NG」の場所も存在します。

・病院やそれに類する施設
・何らかのアレルギー(花粉など)
・衛生上の問題

そのような環境で活躍するのが「アーティフィシャルフラワー」です。


室内置きの代表といえば「観葉植物」などですが、
どうしても土と水は欠かせません。

また日当たりも重要な要素の一つ。

kannyoushokubutu2

画像はイメージ フリー画像です
(観葉植物には日当たりが欠かせない)


「アーティフィシャルフラワー」はそれらを考えずに飾ることが出来ます。

間接照明などでムーディーに演出することも出来ます。

「飾り幅の広さ」も大きな魅力の一つです。



好きな種類の花を「通年」飾ることができる


飾る季節が限られるお花たちがあります。
もちろん生花では季節を彩る重要な要素の一つです。

・桜
・アジサイ
・ひまわり

といったお花たちです。

こういったお花を一年中楽しみたい…
そんな願いを叶えてくれるのも「アーティフィシャルフラワー」の利点です。

5353

元気なひまわりの花をいつでも…
(冬でも人気のあるひまわりのアーティフィシャルフラワー)


好きな花種をいつの季節にも飾ることができる。
これは大きな利点と言えます。


またこの利点を活かして、

・一定空間だけの季節感演出(ディスプレイ等)
・好きな花を飾る多幸感
・メッセージ性の高い演出

etc…

様々なことが可能になります。
(もちろんショップの品揃えは季節で変動します)

3577

画像はアジサイのアーティフィシャルフラワー
(年間を通じてファンが多い花の一つ)


お好きな花をいつでも愛でる事ができるのは、
心が豊かになります。



生花には出来ないアレンジも可能


生花は茎を曲げ過ぎれば折れてしまいます。

「アーティフィシャルフラワー」は中に針金の芯が入っているタイプが多いです。

ある程度の角度は自由に加工することが出来ます。
(限界はあります)

そのため様々な空間演出が可能になります。

2840

画像は一輪挿しとして壁に飾ったもの
(水を使わないためかなり自由に飾れる)


また「アーティフィシャルフラワー」は素材としても活躍します。

花首から外れるタイプも多く、様々なアレンジが可能です。

・リースやスワッグ
・アクセサリーなどの作成
・インテリア雑貨の作成
・芸術作品などへの利用
・空間デザイン

etc…

410

オールアーティフィシャルフラワーによるツリーの例
(最近では大手のスポットでも増えてきました)


グルーガンによる接着なども可能なため、花材としての利用価値も高いと言えます。

一輪を印象的に用いたり、
空間そのものを「アーティフィシャルフラワー」で埋め尽くしたり。

アートとして価値を産み出すのに一役買っているのです。


用途により「変幻自在」に楽しめる


「アーティフィシャルフラワー」は結構高価なものです。
生花を上回るお値段もまま見かけます。

品質を求めるほど、価格も上昇するのは否めない所です。

但しその利便性から近年では需要も増えてきました。

a-thifisharu5

画像はイメージ フリー画像です
(大きな壁面タイプも…空間演出に)


大手ブランドなどもディスプレイに取り入れるようになってきています。

まずは小さなアレンジからで良いと思います。

「アーティフィシャルフラワー」

を一度手にとって見るのもいいかもしれません。


「この場所に置きたい」を叶えてくれる魅力あるお花です。


本日は「アーティフィシャルフラワーの魅力」について学びました。


次回は、

「アーティフィシャルフラワーの正しい保管方法」

について、記載していこうと思います。


一部の写真はクリック頂くとギャラリーにリンクしています📷
ご覧いただければ嬉しいです(๑´▿`)♡




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です






  



「アーティフィシャルフラワー」よりも古い歴史



こんにちはw(*゚o゚*)w
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。


「アーティフィシャルフラワー」


一度は耳にしたことがあると思います。


それとは別に、

「アートフラワー」
「シルクフラワー」

といった造花たちがあります。


本日は「アートフラワーやシルクフラワー…その歴史」についてです。

1139

写真はイメージです アーティフィシャルフラワーの一例
(画像クリックでギャラリーへ入れます)



他にもある様々な「造花の歴史」


様々な呼び名で呼ばれていた「造花」を、
メーカーと協会が統一し、

「アーティフィシャルフラワー」

と呼ぶようになったのが「アーティフィシャルフラワー」の始まりです。

961

画像はイメージ 高品質のアーティフィシャルフラワー
(Silk-ka社製 ラナンキュラス)


ところが他にも「造花」の呼び名は結構存在し、
そちらが未だ使われている事もあるようです。

・アートフラワー
・シルクフラワー
・フェイクフラワー

などが該当します。


それぞれ簡単にご説明をしていきたいと思います。



古い歴史を持つ「アートフラワー」


「アートフラワー」は大変歴史が古く、
1948年には命名されていたようです。

日本は昭和23年頃。
この年は「ディオール」の発表したロングスカートが流行した年です。
歌手の「美空ひばり」さんがデビューした年でもあります。


longsukato


画像はイメージ フリー画像です
(S24頃のファッション)


本来の「アートフラワー」は日本発祥の「手作り造花」です。

花の花弁を一枚ずつ作成。
染色を施して組み上げた美しい造花の事を指します。

artflower

画像はイメージ フリー画像です
(花びら一枚から作る手間のかかる作業です)


いわゆる今で言うオールハンドメイドにあたるお花になります。


それらがいつの間にか、
工業生産の造花で美しいものを「アートフラワー」と呼ぶようになりました。

本来の「手作り造花」と混同されていきました。

現在では「アートフラワー」と検索をしても、
「アーティフィシャルフラワー」を含んだ検索結果が表示されます。


本来の「アートフラワー」とは若干意味が違います。



「シルク」を使用しているわけではない「シルクフラワー」


「シルクフラワー」と呼ばれるお花があります。

いかにも高品質な雰囲気がある名前です。

「シルクフラワー」は1976年頃、
品質改良された造花として欧米から輸入されたお花です。

日本は昭和51年頃。
歌手のキャンディーズの「春一番」がヒット。
コンピューターで知られる「アップル社」が設立した頃です。

apple

画像はイメージ フリー画像です
(アップル社が作成したとされるコンピューター)


素材が塩化ビニールからポリエステルに変わり。
高品質であり、光沢があったことから「シルクフラワー」と呼ばれたとの事。

・素材にシルクを使っている

というわけでは無いようです。

silk

画像はイメージ フリー画像です
(シルクの光沢のイメージ)


しかしながら素材がポリエステルに変わったことで、
「造花」の世界は大きく発展したと言えるでしょう。

塩化ビニールでは出せなかった質感を表現出来るようになったことは、
大きな変化と言えるのです。

ちなみに「フェイクフラワー」という表現については、
上述の「シルクフラワー」とだいたい同じものを指します。


それぞれに歴史あり…「アーティフィシャルフラワー」へ


「アートフラワー」は日本発祥の手作りの造花。
後に工業生産品にも表記され混同。

「シルクフラワー」は品質改良され輸入された造花。
品質も向上し一般に拡がる。
「フェイクフラワー」という表現もそれに似る。

DSCN2281

画像はイメージ アーティフィシャルフラワー
(品質の向上著しい昨今)


その状況を整理すべく、
現在の「アーティフィシャルフラワー」という呼称が、
2002年頃から拡がって行きました。


こうしてみるとどの時代においても、「高品質の造花」を作成してきた歴史を伺えます。


そのたびに新たな呼称を作り、

「私達の作る花は通常の造花とは違います」

という気持ちが込められている気がします。

a-thifisharu3

画像はイメージ フリー画像です
(アレンジされたアーティフィシャルフラワー)


技術の進歩は「美や芸術」の分野においても、
大きな変化を与えてきました。

今後より生花に近い…又は生花を超えるようなお花が誕生する事も、
考えられない事では無いのかもしれません。


本日は「歴史の古い造花」について学びました。


次回は、

「アーティフィシャルフラワー…その魅力」

について、記載していこうと思います。




一部の写真はクリック頂くとギャラリーにリンクしています📷
ご覧いただければ嬉しいです(๑´▿`)♡




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です






  



「愛でるため」に進化した「造花」たち


こんにちは(*゚∀゚)っ
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願い致します。


「アーティフィシャルフラワー」


一度は耳にしたことがあると思います。


「造花」の括りに入るものの、
全ての「造花」を「アーティフィシャルフラワー」とは呼ばないのです。


本日は「造花とアーティフィシャルフラワーの違い」についてです。

1209

写真はイメージ アーティフィシャルフラワー
(大輪のジニア 画像クリックでギャラリーへ)



「造花」の括りは広い


「アーティフィシャルフラワー」も広い意味では「造花」の一種です。

しかし全ての「造花」を「アーティフィシャルフラワー」とは呼ばないのです。

4655

画像はイメージ 種類も豊富なアーティフィシャルフラワー
(クリスマスローズ)


少し雲に包まれたような話です。

「造花」とは人工的に作られた「生花」を模したもの。
であることには間違いありません。


両者を比較しながら説明をしていきましょう。



「造花」について


まずは昔からある「造花」について。

歴史は古く1940年代より存在したとされる。

こちらは店舗の外観やその他屋外に用いる為のもの。
パチンコ店などにもよく飾ってあるプラスティック製のお花たちの事。

または人工的に作られたお花全体を指す事もある。


zouka

画像はイメージ フリー画像です
(冬頃よく見られる屋外の造花の一例)



「遠く」や「屋外」にて使用

パッと見て華やかに目立つ事を前提としている。
自然界のお花よりも濃い着色と濃淡のない花、
花以外の部分は針金や単色の葉といった特徴があります。


◆その特徴など

・非常に安価である
・耐久性に優れる
・近くで見ると偽物感が強い

外観の季節演出には便利かと思います。
いわゆる古いタイプの「造花」です。

100円均一などではこのタイプが多かった印象ですが、
近年ではかなり進化をしており、
偽物感が減ったタイプも登場してきました。



「アーティフィシャルフラワー」について


「アーティフィシャルフラワー」について。

歴史は2002年と比較的新しい。

お店や住宅のインテリアとして使用する。
生花の代わりに開発された高品質な「造花」

1094

画像はイメージ アーティフィシャルフラワー
(バラなどは高品質で生花と見紛う品質)


「近く」や「屋内」で使用

インテリアとして近くで見ることを前提に作られている。
生花に見劣りしないよう特殊技術で開発されたお花。
つまり愛でるために造られたもの。


◆その特徴など

・葉や茎なども再現されている
・生花に近い中間色を使用
・グラデーションなど複雑な着色
・産毛や棘なども再現
・初期コストが高い

高品質な技術から作成されたアートでもあります。


近年では進歩が著しく、

・結婚式場
・デパートのディスプレイ
・ブーケアレンジ

etc…

様々な利用が注目されています。

624

画像はイメージ 高品質なブーケスタイル
(中間色が美しいアーティフィシャルフラワー)



根本的に違う両者の目的


つまり「造花」と「アーティフィシャルフラワー」とでは根本的に使用目的が違うのです。

「造花」は遠目に目立つ事を前提にしています。
ですので近くで見ると原色に近い強い色だったりするのは、その為であったわけです。

一方の「アーティフィシャルフラワー」は室内置きが基本です。
生花の代用として作成された愛でる為のお花です。


a-thifisharu1

画像はイメージ フリー画像です
(そのバリエーションは数知れず…)


色々な理由で生花を飾れない場合はあります。

・水が使用できない環境
・花粉アレルギー
・衛生上の問題(病院や施設など)
・生花交換のコスト

etc…

そういった要望に応えるべくメーカーが開発したお花たち。
それが「アーティフィシャルフラワー」ということです。



「アーティフィシャルフラワー」もグレードは様々


「アーティフィシャルフラワー」にもグレードはあります。
すべての「アーティフィシャルフラワー」が最高品質というわけではありません。

・家庭で身近に楽しめるもの
・デパートやディスプレイに使用するもの
・ウェディング会場に使用するもの
・ギフトなどに贈るもの

様々なグレードを使い分けて楽しむものです。

a-thifisharu2

画像はイメージ フリー画像です
(最高品質のものはインテリアとして価値も高い)


最高品質のものについては生花よりもお高いかもしれません。
しかし枯れない為に、最終的に低コストになる可能性が高いです。

「造花」と「アーティフィシャルフラワー」はメーカーによる区分です。


100円均一では一流メーカーの「アーティフィシャルフラワー」を模したタイプを販売しています。
その為、区分はなお曖昧になりつつある事を加えておきます。



本日は「造花」と「アーティフィシャルフラワー」の違いについて学びました。


次回は、

アートフラワーやシルクフラワー…その歴史

について、記載していこうと思います。



一部の写真はクリック頂くとギャラリーにリンクしています📷
ご覧いただければ嬉しいです(๑´▿`)♡




よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ




合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です





  

このページのトップヘ