とても美しく…どこか切ない「夕焼け」


こんにちは(ノд・。) 
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。


秋に入ると日が暮れるのが早くなります。

「夕焼け」

はとても美しいものですが、
時に切なく感じるときもあります。



本日は、
「切ない夕焼け…夜の始まり」についてのお話です。

BlogPaint

画像はイメージ いつか見た夕焼け空
(あっという間に沈んでいきます)



秋の日はつるべ落とし


秋は夕暮れが早くなります。
昼間が長い生活をしていたこともありますが、

「もう夕方?」

と思うこともしばしばです。

yuuyake2

画像はイメージ フリー画像です
(みるみる沈む太陽…)


「秋の日はつるべ落とし」


という言葉もあるように
あっという間に日が暮れてしまいます。

turubeotosi

画像はイメージ フリー画像です
(中央が釣瓶…水を汲む道具です)


秋の日は、「井戸の釣瓶」が落ちるように早く沈み暮れてしまう。
秋の日暮れが早いことを例えた言葉です。


夏が終わり、
美しい夕焼けではあるけれど、
どこか切ない…

そんな「夕焼け」に秘密があるのでしょうか?



一年で最もきれいな夕焼け空


秋の空。

夕焼けが1年で一番美しいと言われています。

yuuyake

画像はイメージ フリー画像です
(ピンク色に染まる空)


これにはしっかりと理由があります。

春 ⇒ 花粉やほこりが多い
夏 ⇒ 大気が湿度を含みすぎていて太陽光が遮断される
冬 ⇒ 空気が澄みすぎて光を反射しない

秋 ⇒ 夕焼けに丁度よい湿度を含み太陽光の反射できれいに見える


大気中の湿度が程よいことで赤の光が反射するのです。
それが美しい「夕焼け」を生む秘密です。

空気が澄みすぎてもいけないというのは意外です。


実はこの赤い色が、
心理的にはセンチメンタルな気持ちにさせる要因となっているのです。



遺伝子に刻まれた話


火の使えなかった昔のこと。

夕暮れは、これから訪れる長い闇がスタートする合図でした。

食事も十分取れない状態、
お腹をすかせながら夜明けを待つ。

そんな暮らしが遺伝子に刻まれているとの説もあります。

takibi

画像はイメージ フリー画像です
(人にとって闇は危険であった)


「夕焼け」に染まる空を見ると人は本能的に、

・なぜか切ない
・何か求めたくなる
・人恋しい

ということが起こるのです。

yuuyake3

画像はイメージ フリー画像です
(物思いにふける瞬間…)


夜間は動物に襲われることもあったでしょう。

様々な危険から身を守るため、一緒に固まって過ごしていた事が予想されます。


「本能的な危険察知」


これこそが「夕焼け」のメンタルに関わる答えと言えそうです。

※諸説あります



長く伸びる影…急な温度変化にも注意


秋になると太陽の傾きが大きくなり、
非常に長い影が出来ます。

yuuyake1

画像はイメージ フリー画像です
(長く伸びる影のイメージ)


影=黒、闇
黒=恐怖や不安

そういったものを連想させるのでしょう。


もちろん「夕焼け」が好きで、
かえってテンションが上がる方もいらっしゃいます。

それほど秋の「夕焼け」はきれいです。

josei yuuyake

画像はイメージ フリー画像です
(夕日を楽しむ女性)


同時に秋の夕方には急速な温度低下が起こります。

大きな風邪などを引きやすい時期でもあるのです。


「つるべ落とし」の秋の夕方は、
自律神経もかなり疲労するのです。

洋服などを調整して、身体に負担をかけないように。



夜は必ず明けるものです。

そう信じて「夕焼け」を楽しむ余裕を持ちたいものです。





よつくまがお届けいたしました˚*・.。 ꕤ





合わせて読みたい記事です





ご登録頂ければ嬉しいです






※ご登録頂くと記事が更新された際にLINE等で通知が届きます。
見逃したくないブログやよく閲覧するブログなどに便利な機能ですꕤ


ツイッターのんびり更新中です